広島が初回、3連打で先制 ピレラが適時打「いい先制点」

広島が初回、3連打で先制 ピレラが適時打「いい先制点」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/16
No image

1回、先制適時打を放つ広島・ピレラ=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)

「広島-中日」(16日、マツダスタジアム)

広島が幸先良く先制した。

初回、先頭の大盛が初球を左前に運んで好機を演出。続く菊池涼がフルカウントから左前打でつなぎ、スタートを切っていた一走・大盛は三塁を陥れて無死一、三塁とした。

ここで3番・ピレラがフォークを左前にはじき返す先制適時打。3連打で中日先発・岡野から1点を奪った。ピレラは球団を通じ「ランナーが得点圏にいたのでまずは(三走の)大盛をかえそうと思い、打席に入りました。いい先制点になったね」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加