中国と「一帯一路」沿線諸国の貿易額、21年は11兆6千億元

中国と「一帯一路」沿線諸国の貿易額、21年は11兆6千億元

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/01/15
No image

中国と「一帯一路」沿線諸国の貿易額、21年は11兆6千億元

貴州鉄道投資集団(鉄投)都拉営国際陸海通物流港を出発する「中欧班列」。(2021年11月18日撮影、貴陽=新華社記者/楊文斌)

【新華社北京1月15日】中国国務院新聞(報道)弁公室は14日、2021年の貿易状況に関する記者会見を開き、税関総署の李魁文(り・かいぶん)報道官兼統計分析司長が関連状況を説明した。21年における中国と「一帯一路」沿線諸国との貿易額は前年比23.6%増の11兆6千億元(1元=約18円)で、中国の対外貿易全体の伸び率を2.2ポイント上回った。輸出は21.5%増の6兆5900億元、輸入は26.4%増の5兆100億元だった。

21年は「一帯一路」構想の提唱から8周年に当たり、中国と「一帯一路」沿線諸国の貿易は、日々緊密になっている。李報道官は、双方の貿易の主な特徴として、次の4点を挙げた。

①貿易規模が着実に拡大した。中国と「一帯一路」沿線諸国の貿易額は13年の6兆4600億元から21年の11兆6千億元まで増加し、年平均伸び率は7.5%となった。中国の対外貿易額全体に占める割合は25.0%から29.7%に上昇した。

No image

中国と「一帯一路」沿線諸国の貿易額、21年は11兆6千億元

12日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗工業パークで出発を待つモスクワ行き「中欧班列」の第1便。(小型無人機から、フフホト=新華社記者/李雲平)

②産業チェーンとサプライチェーンの提携がより緊密になった。中国から「一帯一路」沿線諸国への輸出に占める中間製品の割合は13年の49.8%から21年には56.2%に上昇した。21年の輸出は自動車部品が26.7%、繊維製品が14.1%、リチウムイオン蓄電池が50.4%それぞれ増加した。

③エネルギー、農業、鉱物などの分野における協力が強まった。21年に中国が「一帯一路」沿線国家から輸入した原油は44.0%増の1兆1800億元で、農産物は26.1%増の3265億5千万元、金属鉱砂は24.9%増の2127億7千万元、天然ガスは38.9%増の1854億5千万元だった。

④民間企業が活躍している。21年の民間企業の貿易額は25.6%増の6兆2100億元で、中国と「一帯一路」沿線諸国の貿易額全体の53.5%を占め、0.8ポイント上昇した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加