乃木坂46山下美月「絆をより深めてくれた」出来事とは?北川悠理は衛藤美彩からの言葉に涙した過去告白<10th YEAR BIRTHDAY LIVE直前インタビュー>

乃木坂46山下美月「絆をより深めてくれた」出来事とは?北川悠理は衛藤美彩からの言葉に涙した過去告白<10th YEAR BIRTHDAY LIVE直前インタビュー>

  • モデルプレス
  • 更新日:2022/05/14

【モデルプレス=2022/05/14】7日17時より「ABEMA SPECIAL2 チャンネル」にて生配信された特別番組「乃木坂4.6時間TV 緊急生放送!リハスタジオから10周年バースデーライブ直前SP」のMCを務めた乃木坂46の山下美月と北川悠理にインタビューを行い、「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」への意気込みや、10年という節目の年を迎えたことについて、さらには思い入れのある楽曲や、最近加入した5期生についてなどに迫った。

No image

(写真 : 山下美月、北川悠理 (提供写真))

【写真】乃木坂46山下美月、キスシーンに熱いハグ…

2022年度後期連続テレビ小説「舞いあがれ!」(NHK)に出演が決定するなど、女優としても活躍している3期生・山下と、現役大学生でクイズ番組にも数多く出演、”乃木坂の才女”として注目を集めている4期生・北川のペア。

◆山下美月「グループを引っ張っていかなければいけない」先輩メンバーとしての思い

― 「乃木坂46」が10周年を迎えた心境を教えてください。

山下:改めて10年ってすごいなと思います。私が乃木坂46に加入してからはまだ5~6年くらいなのですが、本当にいろんな方の想いとか、支えをいただきながらみんなで紡いできた10年間だったと思いますし、私たちもご卒業された先輩方から繋いできたバトンを、ちゃんと繋ぐことができている10年間だったら良いなと思っています。

北川:私は加入させていただいてまだ4年目くらいではありますが、時間を重ねれば重ねるほどグループのことを好きになっていって…1日1日で何かを好きになることって今まであまりなかったので、やっぱりすごいグループだなって思います。加入する前は乃木坂46の一ファンとして好きだった時代があるというのも、先輩たちが歴史を積み上げてきてくださったから、どちらも体験させていただけているなと思うので。加入前も加入後も、乃木坂46には助けられていることが多いので、今度は自分が誰かのことを助けられるような人になりたいなって思います。

― 今年は5期生が加入して、北川さんは初めて先輩になられましたよね。後輩が増えていくことはどのように捉えられていますか?

北川:初めて後輩が入るということで、最初はどう接したら良いのか分からないねって同期のみんなと話していたのですが…加入してから3〜4年間、すごく先輩に優しくしていただいて、いろいろなことを教えていただいた経験があるので、私も優しくできたらいいなって思っています。この前、5期生のみんなとゆっくりお話しできる機会があったのですが、一緒に写真撮ったり、「クイズ番組見てます!」とか言ってくれて嬉しかったんです。実際会ってみたら楽しく会話できて、自然と優しい空間ができていたので、これからもこの乃木坂の温かい空気を作っていって、接していけたらいいなと思っています。

山下:私は、加入当時は1期生、2期生の強さというものが別格にあったように感じていたのですが、あっという間に3期生も真ん中の世代になっていて…。今は先輩方の人数の方が少なくなってしまったので、実感は湧かないですが今まで先輩方がやってきてくださったように、もっともっとグループを引っ張っていかなければいけないなと思います。その時々に合った楽しい雰囲気はずっとこれからも繋いでいけたら良いなって思っています!

◆山下美月&北川悠理、バスラでの思い出

― グループの温かい空気感を繋いできている乃木坂46ですが、今回のバースデーライブでのリハーサルで起きた出来事や、ここだけの裏話があればぜひ教えてください。

山下:同期だけでなく、先輩や4期生の後輩の子たちが立ち位置を教えてくれて…すごい優しいなって思いましたし、みんな自分のことだけでなく周りのことをちゃんと把握しているので、改めて本当に支えられているなと感じたリハーサルでした。

北川:私は、リハーサルの夢を見て。立ち位置とか、場所とかが分からなくて、どうしようって焦っていたんですけど、先輩方が助けてくださって、その時泣いて起きたんですよ。これまで先輩方に助けてもらったことばかりなので、すごく現実味がある夢だな~って思って、皆さんの温かさを実感する夢でした。

― 逆にこれまでのバースデーライブの思い出や、印象的なことなどがあれば教えてください。

山下:バースデーライブって、1年の中でも体力的にも必死なライブだなっていう印象が強くて、正直全然記憶が無いんですよ(笑)。あれってどの年だっけ?とか、映像見ても記憶がはっきりしなくて…。そんな中でも『7th YEAR BIRTHDAY LIVE』は本当に大変で、本番が始まって、自分の出番ではないタイミングの時に、その後に披露する曲の振り付けを練習したりして…(笑)。みんなバタバタしていましたが、でもこのライブがグループの絆をより深めてくれたなって感じています。

北川:私たち4期生は『7th YEAR BIRTHDAY LIVE』が初めて先輩と立たせていただく大きなライブだったのですが、歌もダンスも全然できなくて落ち込んだりもしていて。でも、もうご卒業されましたが衛藤美彩さんが「私が1番最初に選抜に入った時と同じ立ち位置だから話したくて」って話しかけてくださったんです。「端っこだから誰も見ていないって思うかもしれないけど、悠理ちゃんが頑張っているところを先輩たちは見てるからね」って言ってくださって…。思わず泣いてしまいました。それからは、出来ないって落ち込むのではなくて、頑張らなきゃって前向きな気持ちを持てるようになったので、それがすごく印象的な出来事でした。

― 心温まる素敵なお話ですね。今回は、10回目のバースデーライブとなりますが、10回目となると楽曲もたくさん増えていると思います。特に好きな楽曲や思い入れのある楽曲があれば教えてください。

山下:う~ん。たくさんあるので悩みますね…(笑)。表題曲ではないのですが「世界で一番 孤独なLover」という曲が好きです。この曲がきっかけで、乃木坂46を好きになったというくらい、加入前からすごく印象的で。乃木坂46にしか出せない世界観で、かっこよくてクールだけど、強さもあって。メロディーも歌詞もダンスも、全部好きな曲です!

北川:私は「ないものねだり」が、加入前から好きです。ちょうどこの曲が出た頃、人間関係とかに少し悩んだりしていて。でも毎日聴いて心を助けてもらっていたので、この曲と出会っていなかったら、今はここにもいないだろうし、もっと大変な人生になっていただろうなと思うので、私自身を前に向かせてくれた楽曲なので、1番好きです。

◆山下美月&北川悠理、10thバスラへ意気込み

― 最後に、記念すべき10回目のバースデーライブに向けて意気込みや、楽しみにされている方へのメッセージをお願いします。

山下:10周年を迎えられることは普通ではないことですし、メンバーはもちろんですが、スタッフさんとか関係者の皆さんとか、乃木坂46をずっと応援してくださっているファンの皆さんのおかげで10年目があると思うので、いろんな感謝の気持ちをパフォーマンスでお伝えできるライブにしたいです!あとはやっぱり、今回のライブを見て「まだまだ乃木坂強いな」って思ってもらえるような、明るい未来を期待できるようにしたいなって思いますね。

北川:今までの楽曲をたくさん披露させていただくんですけど、その時その時の乃木坂46の良さを一緒に振り返れたらいいなと思います。最終的には山下さんがおっしゃっているように、輝く未来の方向をみんなで向いて見れるような、そんなライブに出来るように頑張りたいです!

― たくさんの貴重なお話、ありがとうございました!

(modelpress編集部)

◆「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」生配信詳細

【DAY1】

日時:5月14日(土)17時~

※開場は16時~

リピート配信日時:5月16日(月)19時~

※開場は18時~

【DAY2】

日時:5月15日(日)17時~

※開場は16時~

リピート配信日時:5月17日(火)19時~

※開場は18時~

※配信時間は前後する可能性あり。

※本ライブの見逃し配信の予定はなし。

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加