ビーマニ筐体にも使える! コナミのeスポーツデバイス「ARESPEAR」の大口径ドライバーヘッドフォンが販売開始

ビーマニ筐体にも使える! コナミのeスポーツデバイス「ARESPEAR」の大口径ドライバーヘッドフォンが販売開始

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/07/01
No image

ARESPEAR H100

コナミアミューズメントは6月30日、同社のeスポーツデバイスブランド「ARESPEAR」のゲーミングヘッドフォン「ARESPEAR H100」の販売受付を開始した。今回、ARESPEAR H100の実機を借りられたので、写真とともに基本性能をチェックしていく。

ビートマニアの筐体にも接続可能、45mm口径ドライバーで最大入力1600mW

ARESPEAR H100は、45mm口径のドライバーを採用し、高低音のバランスがよくすべての音声情報を的確にプレイヤーに届けるという。最大入力は1600mWで、高出力ヘッドフォンアンプに対応しているのも特徴だ。

No image

イヤーカップにはARESPEARのロゴがある

No image

ヘッドバンドにも

ケーブルには、ダイヤル式のボタンを搭載。片手で操作できるので、片手でマウスやキーボードを操作しながらだったり、コントローラーを片手に持ったまま、もう片方の手で音量を調節できる。ゲームタイトルによっては、メニュー画面のときだけ爆音だったりすることもあるので、そういったときに手元で操作できるのは便利だ。

No image

ケーブルには、音量調整可能なダイヤル式のボタンを搭載。プラグ端子は、6.3mmと3.5mmを用意し、使い分けが可能

プラグ端子は、6.3mmと3.5mmを用意。6.3mmのプラグは回して取り外せるので、用途に合わせて使い分けが可能だ。加えて、2mの延長ケーブルも付属。大画面テレビから離れてゲームプレイがしたいときや、ビートマニアのアーケード筐体への接続にも対応しているので、そのときにも延長ケーブルが役立つだろう。

イヤーパッドは革製のものを採用するほか、質感の異なる交換用イヤーパッドも用意。好みに合わせて付け替えも可能で、長時間快適に使用できるのはありがたい。

No image

長時間快適に使用できるというイヤーパッド

No image

質感の異なる交換用イヤーパッドも用意

また、本製品はゲーミングヘッドセットではなく、ゲーミングヘッドフォン。あえてなのかどうかはわからないが、付属品を確認してもマイクは付属していなかった。ビートマニアのほか、1人プレイ用のゲームタイトルを遊ぶ際や、別途スタンドマイクを使っている場合、ゲームだけでなく映画視聴をする目的の場合などは、結構マイクが邪魔だったりする。もちろん取り外し可能なゲーミングヘッドセットも多いが、いちいち取り外すのは面倒だし、意外になくしてしまうこともある。そういった人にとって、本製品は最適な選択肢の1つになるのではないだろうか。

No image

マイクを搭載していないゲーミング“ヘッドフォン”なのも特徴

そのほかの主な仕様は、周波数帯域が20Hz~20kHz、出力音圧レベルが99.5dB、インピーダンスが35.9Ω。価格は1万7800円(税別)。

なお、ARESPEAR H100と同時にゲーミングキーボード「ARESPEAR K100F」「ARESPEAR K100L」も販売開始している。そちらは別記事で紹介しているので、気になる人はチェックしてみてほしい。

■関連サイト

ARESPEAR

コナミアミューズメント

八尋 編集●ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加