原口元気をウニオン幹部も絶賛!「うさぎのように...」ダービー勝利に貢献で評価上昇

原口元気をウニオン幹部も絶賛!「うさぎのように...」ダービー勝利に貢献で評価上昇

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2021/11/25
No image

原口元気 写真提供:Gettyimages

ウニオン・ベルリンに所属する日本代表MF原口元気(30)は、今季ここまで好調を維持している。そんな原口元気をクラブ幹部も称えているようだ。24日、ドイツ紙『キッカー』が伝えている。

原口元気は3シーズン以上にわたりヘルタ・ベルリンでプレーした後、フォルトゥナ・デュッセルドルフへのレンタル移籍をへて、2018年夏にハノーファーへ完全移籍。ハノーファーでは3シーズンにわたり主力としてコンスタントに出場機会を得ていたものの、昨季終了後に契約満了により退団し、ウニオン・ベルリンへ加入。今季は開幕節のバイヤー・レバークーゼン戦でスタメンに名を連ねるなど、ここまでトップ下を主戦場にブンデスリーガ11試合中9試合でスタメンに抜てきされている。

また、同選手は今月20日に行われたヘルタ・ベルリンとの古巣対決での先発出場し、チームの勝利に貢献。ベルリンの地元紙『BZ BERLINS』から「ビッグサプライズ。短期間でトップレベルのパフォーマンスを発揮するようになった」と称えられている。

その中、ウニオン・ベルリンのオリバー・ルーネルトCEO(最高経営責任者)は原口元気について「彼は今シーズンここまで“勝者”のひとりだ。デュラセルバニー(アメリカの大手電池メーカー『DURACELL』のマスコット)のように動き続けるわけだし、いつも全力を尽くしている」とコメント。今季ここまでのパフォーマンスに対する満足感をあらわにしている。

なお、ウニオン・ベルリンはヘルタ・ベルリンとのダービーマッチで勝利したことにより、勝ち点を「20」まで積み上げ、5位に浮上。25日にはUEFAヨーロッパカンファレンスリーグ(UECL)・グループステージ第5節・マッカビ・ハイファ戦を控える中、原口元気への期待は高まるばかりだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加