大会マスコット販売巡り 元理事側に数百万円提供か

大会マスコット販売巡り 元理事側に数百万円提供か

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/09/23
No image

動画を見る(元記事へ)

東京オリンピックを巡る汚職事件で、組織委員会の元理事が、大会マスコットを販売できるようぬいぐるみの製造・販売を行う会社に便宜を図り、数百万円の提供を受けた疑いがあることが分かりました。

東京大会のスポンサー選定を巡っては、組織委員会の元理事・高橋治之容疑者(78)が紳士服大手「AOKIホールディングス」と出版大手「KADOKAWA」の幹部らから合わせて1億2000万円余りの賄賂を受け取ったとされています。

その後の関係者への取材で、高橋容疑者が、ぬいぐるみの製造・販売を行う「サン・アロー」が大会マスコットを販売できるように、組織委員会側に働き掛けた疑いがあることが新たに分かりました。

「サン・アロー」は2018年7月から大会マスコットのぬいぐるみを販売し、高橋容疑者側には数百万円が提供されたとみられています。

これまでのところ「サン・アロー」はANNの取材に応じていません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加