青森県公開のゲーム「ぷよりんご」 見分けは...?

青森県公開のゲーム「ぷよりんご」 見分けは...?

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/11/25
No image

動画を見る(元記事へ)

23日、青森県が公開した「ぷよりんご」は、人気ゲーム「ぷよぷよ」をベースに作られました。

同じ品種のリンゴを4つそろえると消えるパズルゲームです。

難易度は「やさしい」「ふつう」「むずかしい」の3段階で、「むずかしい」は8種類のリンゴが登場するうえ、落ちてくるスピードも速く、瞬時に見分けなければなりません。

実際に、青森県出身のスタッフが挑戦してみると…。

青森県出身・兼平美紀ディレクター:「ん?これで、こうして、難しいですね。全部同じに見えてきました。なんか、もうトマトに見えてきましたね、これ。色が全部赤なので、とっても難しい。ぷよぷよより難易度高いです」

ゲームを企画した三上さんも…。

青森県庁観光企画課主事・三上咲希子さん:「これ(消えたの)は…ちょっと待って。ジョナ(ゴールド)?あっ、北斗。これ『むずかしい』?『むずかしい』だから…。北斗じゃないですか、これ。ちょっと赤くないですか?」

青森県では、およそ50種類のリンゴが栽培されていて、「ゲームを通じて少しでも知ってもらえれば」と話しています。

青森県庁観光企画課主事・三上咲希子さん:「青森県のリンゴはとても種類も多くて、どれもおいしいので。ぜひ皆さん、青森に来て、リンゴを食べてけー!」

(「グッド!モーニング」2021年11月25日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加