羽鳥慎一&指原莉乃の“夢特番” キスマイ宮田俊哉の極上グルメを再び

羽鳥慎一&指原莉乃の“夢特番” キスマイ宮田俊哉の極上グルメを再び

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/02/21
No image

21日放送の『羽鳥×指原 みんなの夢アワード まとめてかなえちゃう!SP』(C)KBC

羽鳥慎一、指原莉乃がMCを務めるKBC制作全国24局ネットの特番『羽鳥×指原 みんなの夢アワード まとめてかなえちゃう!SP』が21日に放送。新型コロナウイルスの感染拡大で、日常の楽しみが奪われたり、将来の目標を見失ったり、大切な夢をあきらめてしまった人たちの“夢”を実現するため、一流アーティストやプロ野球選手たちが立ち上がる。

【写真】MCを務める羽鳥慎一&指原莉乃

「AIのライブに89歳の祖母を連れていきたい~29歳看護師の夢~」では、看護師・みほさんが、今まで大好きだったAIのライブに祖母と行くことが、新型コロナによって難しくなっている現状を紹介。徹夜の医療従事、外出自粛、ライブの中止、そして祖母の入院。「私はなんのために生きているんだろう」、そんなみほさんと祖母のために、AIが立ち上がった。2人だけのためのサプライズライブ。チャペルに魂の歌声が響く。

「思い出の極上グルメをもう一度~宮田俊哉の夢~」では、2019年のドームツアーの際、Kis-My-Ft2のメンバーが大感激した、福岡PayPayドームでのケータリングで食べた鯛茶漬けに注目。『アサデス。KBC』レギュラーの宮田が店の大将に頼んで用意したもので、翌年(2020年)も約束していたが、コロナの影響でツアーは中止に。「もう一度、博多であの鯛茶漬けを食べたい」という夢を叶えるべく、『アサデス。KBC』でMCを務める宮本啓丞アナが立ち上がった。

「ベイスターズの選手にお礼を伝えたい~小児がんの中学1年生の夢~」では、小学6年生の時、小児がんを発症し、病気と闘っている瑛輝くんに密着。闘病の支えになったのが、大ファンの横浜DeNAベイスターズ・石川雄洋選手(当時)から贈られたユニフォームと三浦大輔投手(当時)の番長タオルだった。「命を支えてくれた2人に会ってお礼を伝えたい」。球団と家族の全面協力のもと、横浜スタジアム貸し切りでサプライズロケを実施、リリーフカーで登場した三浦新監督に瑛輝くんは。

「花火大会をもう一度見たい~みんなの夢~」では、大きな花火大会が次々と中止になり、日本から夏の風物詩が消えたことから、視聴者から「夜空に開く大輪の花火をもう一度見たい」という多くの声が寄せられ、番組が立ち上がった。東北で開かれた花火イベントに番組が参加、ドローンに260度カメラを搭載し、“花火の真ん中”での撮影に挑んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加