恐怖に支配された世界で、少年は想像力を武器に立ち上がる「神龍イデア」1巻

恐怖に支配された世界で、少年は想像力を武器に立ち上がる「神龍イデア」1巻

  • コミックナタリー
  • 更新日:2021/04/06

連打一人「神龍イデア」1巻が、本日4月6日に発売された。

No image

「神龍イデア」1巻

月刊ヤングマガジン(講談社)にて連載中の「神龍イデア」は、“蝕人”と呼ばれる化け物が人間を脅かす異世界を舞台にしたファンタジー。足が不自由な少年・ログは、村人たちにバカにされ悔しい思いを抱えながらも、優しい母と頼りになる兄・レヴァンとともに生活を送っている。ログの唯一の楽しみは、絵を描き、空想の世界で遊ぶこと。しかしログが描いた、神と崇拝されている“神龍”の背に乗る絵が、「神を冒涜している」という理由で、ログはレヴァンとともに“蝕人”のいる森に落とされてしまい……。想像力と創造力を武器に、恐怖に支配された世界を変えていくログの冒険が描かれる。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加