ハノーファーが虎の子の1点守り切り敵地で勝ち点3ゲット! 室屋は開始早々に無念の負傷交代

ハノーファーが虎の子の1点守り切り敵地で勝ち点3ゲット! 室屋は開始早々に無念の負傷交代

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/01/16
No image

[1.14 ブンデスリーガ2部第19節 ハンザ・ロストック 0-1 ハノーファー]

ブンデス2部は14日、各地で第19節を行い、日本代表DF室屋成が所属する15位ハノーファーは、敵地で勝ち点20で並ぶ14位ハンザ・ロストックと対戦し、1-0で勝利した。

試合は開始早々にハノーファーにアクシデントが起きる。右サイドバックで先発出場した室屋が、空中で競り合った直後の着地で右足を捻挫。プレー続行が不可能となり、交代を余儀なくされた。

その後、前半を0-0で折り返した試合は後半13分にスコアが動く。左ウイングのMFリントン・マイナがハーフライン付近で相手のパスをカットすると、そのまま独走。ペナルティーエリアに侵入すると、カットインから右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

ハノーファーはマイナのゴールを守り切り、1-0で勝利。敵地で勝ち点3をゲットし、順位を暫定12位まで浮上させた。

●海外組ガイド

●ブンデスリーガ2021-22特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加