巨人3年目左腕・井上温大が待望プロ初勝利 NPB史上初、球団今季8人目のプロ初勝利

巨人3年目左腕・井上温大が待望プロ初勝利 NPB史上初、球団今季8人目のプロ初勝利

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

◇セ・リーグ 巨人9―3中日(2022年9月23日 バンテリンD)

No image

<中・巨>巨人先発の井上(撮影・椎名 航)

巨人の3年目左腕、井上温大(はると)投手(21)が中日戦(バンテリンD)でプロ4度目の先発登板。6回7安打3失点と好投してプロ初勝利をマークした。巨人では今季8人目のプロ初勝利。同一シーズン8人の初勝利はプロ野球史上初の快挙となった。

味方打線が6回までに9点の大量援護。9―1と大量リードを奪って迎えた6回には2死走者なしの場面からビシエドに2球目の高めボール球、144キロ直球をバックスクリーン右へ13号ソロとされ、さらに木下、高橋周、鵜飼に4連打でもう1失点。だが、この回をしっかり投げ切った。その後は今村、畠、鍬原と先輩投手陣の継投で井上に白星を届けた。

井上の投球内容は6回で打者26人に対して95球を投げ、7安打3失点。6三振を奪い、与えた四球は1つ、直球のMAXは149キロだった。

井上は前橋商から2019年ドラフト4位で巨人入り。21年5月に左肘手術を受け、オフには育成選手となった。今年7月11日に支配下登録選手に復帰し、同16日の広島戦(東京D)で1軍デビュー。リリーフ登板3試合を経て8月24日の中日戦(東京D)で初先発し、5回途中8安打3失点(自責1)でプロ初黒星を喫した。

8月31日のヤクルト戦(京セラD)ではオスナ、サンタナに2発被弾で4回4安打4失点KO。前回登板した9月8日のDeNA戦(東京D)では4回途中3安打4失点で降板。翌9日に出場選手登録抹消となり、この日の試合前に再登録されていた。

▼井上 自分の持ち味であるストレートを中心にしっかりと投げ込むことができました。最後に失点してしまったことは悔しいですが、リードした状態で次につなぐことができて良かったです。

【今季プロ初勝利を挙げた巨人投手】

▽3月31日 堀田 賢慎(20=19年1位) ヤクルト戦(神宮)

▽4月 2日 戸田 懐生(21=20年育成7位) 阪神戦(東京D)

▽4月 3日 赤星 優志(22=21年3位) 阪神戦(東京D)

▽4月 9日 大   勢(22=21年1位) ヤクルト戦(東京D)

▽4月21日 平内 龍太(23=20年1位) 広島戦(東京D)

▽4月28日 山崎 伊織(23=20年2位) DeNA戦(横浜)

▽8月13日 直江 大輔(22=18年3位) 広島戦(東京D)

▽9月23日 井上 温大(21=19年4位) 中日戦(バンテリンD)

※名前の後の数字は当時の年齢、その後の数字はドラフト年度と指名順位

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加