愛知県が18日から飲食店への営業時間短縮要請を全面解除

愛知県が18日から飲食店への営業時間短縮要請を全面解除

  • CBCテレビ
  • 更新日:2021/10/14

「新規陽性者が減少し、すべての指標がステージ1になっています」

(大村秀章愛知県知事)

愛知県の大村知事は14日午後会見を開き、10月17日までとしていた県独自の厳重警戒宣言を解除し、18日から飲食店への営業時間の短縮要請も解除することを発表しました。

愛知県は現在、感染防止対策についての認証制度、「あいスタ」認証を受けた飲食店に対し営業を午後9時まで、受けていない店は午後8時までとするよう要請していますが、宣言の解除後は認証を受けているかどうかに関わらず、時短要請はすべて解除されます。

愛知県では去年11月29日から名古屋市中区錦3丁目など一部の地域で時短要請が続いていて、全面解除は約10か月半ぶりとなります。

これを受けて街の人は。

「ずっと我慢していたのでそろそろお酒を飲みたい」

(20代男性)

「(時短要請の解除は)うれしいが、それでまた感染が拡大すると怖い。今までみたいに無邪気には楽しめない」

(50代女性)

「学生でまだワクチンを打っていない人もいるので、(解除は)全体的に打ってからの方がよい」

(40代女性)

© CBC TELEVISION CO.,LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加