巨人・サンチェスが「珍ボーク」マウンドにボール叩きつけ

巨人・サンチェスが「珍ボーク」マウンドにボール叩きつけ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/10

◇交流戦 巨人―オリックス(2021年6月9日 京セラドーム)

No image

<オ・巨2>巨人先発のサンチェス(撮影・平嶋 理子)

巨人のエンジェル・サンチェス(31)が、珍しいボークで進塁を許した。5回無死一塁から、宗に投じた1球目を自身のすぐ足下のマウンドに叩きつけた。

指にかかりすぎたのか、ボールは大きくワンバウンドした後、一塁線方向に転がっていき、その後ボークが宣告された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加