100匹放流...ハサミ部分に藻の様な毛が生えている「モクズガニ」【岡山・津山市】

100匹放流...ハサミ部分に藻の様な毛が生えている「モクズガニ」【岡山・津山市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2020/09/15
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

秋から冬にかけて漁が行われる川ガニ、モクズガニが津山市の吉井川支流と鏡野町の吉井川に放流されました。

モクズガニはハサミ部分に藻の様な毛が生えていて成長すると甲羅の幅は10センチ前後になります。放流は吉井川漁協が十数年前から行っているもので今回、放流されたものは島根県産で甲羅の幅は6センチ前後です。

2020年は津山市の吉井川支流の加茂川や鏡野町の吉井川上流など合わせて4ヵ所におよそ100匹が放流されました。

吉井川漁協管内での漁の期間は9月1日から2021年1月31日までです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加