長谷川京子&木村多江&貫地谷しほり、逆境のシングルマザーを熱演

長谷川京子&木村多江&貫地谷しほり、逆境のシングルマザーを熱演

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/09/16
No image

秋の特別番組『3人のシングルマザー~すてきな人生逆転物語~』に出演する(左から)木村多江、長谷川京子、貫地谷しほり(C)フジテレビ

女優・長谷川京子、木村多江、貫地谷しほりが、10月1日放送のフジテレビ系特別番組『3人のシングルマザー~すてきな人生逆転物語~』(後9:00)に出演することがわかった。それぞれが演じる苦境に立たされたシングルマザー3人が、あるきっかけで人生を好転させた奇跡のような実話をオムニバスドラマ形式で描く同ドラマ。三者三様に愛情深く母性あふれるシングルマザーの“本当にあった人生”を熱演する。

【写真】「良い女丸出し」胸元チラリ…ラフなキャミ姿の長谷川京子

長谷川は、原因不明の病を抱えながらも甲子園での優勝を夢見る息子を支えるシングルマザー・前原真弓(まえはら・まゆみ)を演じる。物語のタイトルは『おかんのために』。休む時間なく働きながらも子供にとって“日本一のサポーター”となる長谷川が大阪弁でパワフルに演じる。

実生活でも2人の子を持つという共通点のある長谷川は「子育てに正解不正解はないと思います。リスクを持っても子供がやりたいと思うことを応援するのか、先回りしてリスクを回避するのか。私は真弓さんと同じ前者だと思います。しかしそこに正解はないので、そういう部分も、子供をもつ親御さん達に見ていただいて、みなさんがどう感じるかを、私自身も知りたいです」と視聴者の反応に期待する。

そして、木村は息子2人を東大合格に導くシングルマザー・水川早苗(みずかわ・さなえ)を演じる。物語のタイトルは『東大とグリーンカレー』。思春期の息子に戸惑いながらも、常に揺るぎない愛情で我が子を導く母親を演じる木村は「心が折れてしまいそうな時、そこから一歩、また一歩と脆さに揺れながら希望を見出す物語。優しく素敵なお父さんと、傷つきながらも生きる子供達と母親。初挑戦の空手での親子対決?と共に、心をほっこりとしていただけたらうれしいです」と見どころを明かす。

最後に、貫地谷がかけがえのない息子のため年商1億の大ヒット商品を考案したシングルマザー・須藤美鈴(すどう・みすず)を演じる。物語のタイトルは『夢をかなえる手帳』。学生時代に書いていた手帳をもう一度始めたことをきっかけに、毎日が少しずつ変わり始める。

息子を愛する一心で小さな目標を達成しながら、大きな夢を実現させる母親を演じる貫地谷は「母親になったことはないので本当の意味で理解が追いついているかは分かりませんが、親が子を想(おも)う気持ち、子が親を思う気持ちというものはいつの時代も変わらないのかなと思いました」と実感。「もしかしたら、工夫次第で自分らしく毎日を送れるのかもしれないと思いました。前向きな気持ちになれますのでぜひごらんください」と呼びかけている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加