「もう33歳」「引退間近」スコールズが古巣のカバーニ獲得を批判

「もう33歳」「引退間近」スコールズが古巣のカバーニ獲得を批判

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/10/16
No image

スコールズがマンUのカバーニ獲得を批判

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンド、ポール・スコールズが古巣のエディンソン・カバーニ獲得を批判している。

スコールズは、ウルグアイ人ストライカーのこれまでの実績を称えるも、現在のユナイテッドには歳を取りすぎていると考えているようだ。

「過去にはもちろん、彼が偉大なストライカーであったことに間違いない。でももう33歳で引退間近に見えた。彼は昨シーズン、PSGであまりプレーしなかった」

「5、6年前だったら素晴らしい契約だっただろうし、おそらく次のレベルに連れて行ってくれただろう。でも今は、私たちを(次のレベルに)連れて行くことはできないと思う」

「既にストライカーはいるからね...。カバーニはローンで来るべきだった。33歳の選手が2年契約するとは思わなかった。非常に奇妙なことだが、彼はきっと気に入るだろう」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加