大栄翔、初日から3日連続大関撃破は昭和以降3人目

大栄翔、初日から3日連続大関撃破は昭和以降3人目

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/13
No image

立ち会い後に強烈な突き押しで正代(右)を攻める大栄翔(撮影・小沢裕)

<大相撲初場所>◇3日目◇12日◇東京・両国国技館

西前頭筆頭の大栄翔が、3日連続の大関撃破を果たした。かど番で初日から連勝中の正代を、突き出しで破った。朝乃山(初日)、貴景勝(2日目)に続く撃破で、平幕力士の初日から3日連続大関撃破は昭和以降3人目の快挙。

◆平幕力士の3日連続大関撃破 昭和以降では大栄翔が18人目。初日から3日連続撃破は、08年九州場所の西前頭2枚目若の里(初日から琴欧洲、琴光喜、魁皇)、19年初場所の西前頭2枚目北勝富士(同栃ノ心、豪栄道、高安)に続いて3人目。平幕の4日連続撃破は、10年夏場所の西前頭2枚目栃ノ心(2日目から日馬富士、琴欧洲、琴光喜、魁皇)のみ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加