アニメ「スプリガン」がNetflixで1位に、作者も歓喜

アニメ「スプリガン」がNetflixで1位に、作者も歓喜

  • Lmaga.jp
  • 更新日:2022/06/24

6月18日から動画配信サービス「Netflix」でスタートしたアニメ『スプリガン』が、同23日付けの「今日のTV番組TOP10」で第1位となった。原作者のたかしげ宙(原作)と皆川亮二(作画)もSNSで喜びを表現した。

No image

Netflixシリーズ『スプリガン』© 2021 たかしげ宙、皆川亮二・小学館/スプリガン Project

『週刊少年サンデー』で連載され(1989〜1996年)、90年代に一世を風靡した『スプリガン』は、超古代文明の遺産を封印するために設立された特殊エージェント「スプリガン」として奔走する少年・御神苗優の活躍を描いた冒険活劇。1998年には映画化もされ、漫画家・大友克洋が総監修をつとめたことでも話題となった。

「スプリガン」本予告編 – Netflix

今回の第1位の報に皆川は、自身のツイッターを更新。「さっき確認したら本当に配信されていました、感動です! 自分も原作者特権でもう何回も観ていますが何度観ても素晴らしい出来だと思います」と、イラストと合わせて投稿。また、たかしげも「どうですスプリガン?現在に時間をシフトしつつ、イメージがほぼ原作と変わらんでしょ?」と自信をのぞかせた。

Netflixのスプリガン
さっき確認したら本当に配信されていました、感動です!
自分も原作者特権でもう何回も観ていますが何度観ても素晴らしい出来だと思います
皆さんにも楽しんでいただけたら幸いです! pic.twitter.com/bF9b8BL5sl
— 皆川亮二 (@minagawa_ryouji)
June 18, 2022
from Twitter

連載開始から30年を経て配信スタートした本作。2D作画と3DCGを駆使し、原作では存在しなかったタブレット端末や電子機器も登場、新たな時代設定で描かれている。監督は『キズナイーバー』の小林寛、シリーズ構成・脚本は『呪術廻戦』瀬古浩司、キャラクターデザイン・総作画監督は『リトルウィッチアカデミア』の半田修平プロダクションデザインは『メタルギアソリッド』のJNTHED。全6話(各話役45分)。

「スプリガン」本予告編 – Netflix

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加