王会長、急逝した門田博光さんをしのぶ「とにかくフルスイング。向上心の強い人でした。寂しい限りです」

王会長、急逝した門田博光さんをしのぶ「とにかくフルスイング。向上心の強い人でした。寂しい限りです」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2023/01/25
No image

ソフトバンクの王貞治球団会長が25日、オンライン取材に対応し、南海(現ソフトバンク)などでプロ野球歴代3位の通算567本塁打を放ち、74歳で急逝した門田博光さんをしのんだ。

王会長は「彼はあまり体は大きくなかったけど、とにかくフルスイングでピッチャーとバッターとの距離を縮めておいて、速い球を放らせて、ガンガン打ったりとか。とにかく向上心の強い人でした。だからあの年齢までやれた。やってないとそういう年齢までできないんですよ。彼はホームランに対するこだわりを持って、40歳でホームラン王になっているでしょ。そういう思いを持って取り組まない限り、いい仕事はできないと示した。野球界では、僕と長嶋さんがセントラルで、野村さん、門田君がパ・リーグでということですごいいい話題を出してくれた。寂しい限りです」と話した。

プロ野球の通算本塁打の歴代1位は王会長の通算868本塁打。2位が野村克也さんの同657本塁打で、門田さんが3位となっている。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加