DeNA中川3回途中3安打4四球2失点で無念降板、プロ初勝利ならず

DeNA中川3回途中3安打4四球2失点で無念降板、プロ初勝利ならず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/01
No image

DeNA対ヤクルト 力投するDeNA先発の中川(撮影・横山健太)

<DeNA-ヤクルト>◇1日◇横浜

プロ初勝利を目指したDeNAの高卒4年目右腕、中川虎大(こお)投手(21)は3回途中、3安打4四球2失点で無念の降板となった。

今季初の先発マウンド。「毎回、四球で崩れてランナーをホームにかえすのが続いている。四球を出さないのは無理なので、出してからしっかり抑えたい」と話した通り、1、2回は先頭を出しながらも併殺で切り抜けたが、3回に味方のミスから崩れた。2死一塁でヤクルト塩見の打球はショートへボテボテの当たり。内野安打に悪送球が重なり2死二、三塁に。続く中村に初球を狙われ、左前への2点適時打を浴び逆転された。さらに3番山田、4番村上に連続四球を許し、2死満塁としたところで降板。「調子は悪くなかったです。先制して頂いたのに早い回で、マウンドを降りることになりチーム、中継ぎ陣に申し訳ないです」と反省した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加