ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3「華麗なる大泥棒」「冬の猿」など7作品の見どころ詰まった予告編

ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3「華麗なる大泥棒」「冬の猿」など7作品の見どころ詰まった予告編

  • 映画.com
  • 更新日:2022/06/23
No image

全作品、完全新訳日本語字幕版で上映!

昨年9月6日に死去したフランスの国民的スター、ジャン=ポール・ベルモンドの代表作を劇場上映する特集「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3」の予告編、人気漫画「コブラ」を彷彿とさせる、トレードマークの葉巻をくわえたベルモンドのポートレートを前面に配したポスターが公開された。

ラインナップは、ベルモンド総選挙(映画ファンによリクエスト投票)でベストテンにランクインを果たし、実写版「ルパン三世」ともいうべきアクション作「華麗なる大泥棒」(1971)、ジョゼ・ジョバンニ監督が自作「ひとり狼」を自らリメイクしたノワール「ラ・スクムーン」(72)をはじめ、ジャン・ベッケル初監督作「勝負(かた)をつけろ」(61)、ジャン・ギャバンとの共演作「冬の猿」(62)、アラン・レネ監督による犯罪サスペンス「薔薇のスタビスキー」(74)、国内未ソフト化の陽気な1作「ベルモンドの怪盗二十面相」(75)、ベルモンド後期最大のヒット作品して、最後のハードアクション「パリ警視J」(83)の全7作品。アクションから爆笑コメディ、味わい深い人間ドラマまで、ベルモンドの魅力を網羅した永遠不滅の傑作揃いだ。いずれもHDリマスターの高画質、全作完全新訳で上映される。

予告編は、ベルモンドを称える名匠クロード・ルルーシュ監督のコメントで始まり、バラエティ豊かな7作の名場面が次々と映し出され、観客を楽しませることに命をかけたベルモンドの魅力を再確認できる映像だ。また、エンニオ・モリコーネをはじめとする映画音楽界の巨匠たちによる極上のサウンドトラックも楽しむことができる。

9月2日より、新宿武蔵野館、テアトル梅田、名演小劇場ほか全国順次上映。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加