日本×アメリカ、鎌田に絶好チャンス到来も 得点機逸で現地スタジアムにため息

日本×アメリカ、鎌田に絶好チャンス到来も 得点機逸で現地スタジアムにため息

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/09/23
No image

鎌田大地がシュートを放つも先制ゴールならず【写真:Getty Images】

ドイツのデュッセルドルフでアメリカ代表と対戦

日本代表は9月23日、ドイツのデュッセルドルフでアメリカ代表との国際親善試合に臨んだ。前半13分、MF鎌田大地(フランクフルト)が決定機を迎えたがシュートを決められず。デュッセルドルフ・アレーナは、ため息に包まれた。

カタール・ワールドカップ(W杯)に出場するアメリカとの親善試合。日本がビッグチャンスを掴んだのは前半13分だった。相手のGKを含めたビルドアップに対し、日本は連動したプレスをかける。左サイドにボールが出てきたところでMF久保建英(レアル・ソシエダ)がカット。エリア内の鎌田にボールをつないだ。鎌田はGKと1対1のチャンスを迎えたもののシュートを決められなかった。

久保からパスが渡った瞬間、デュッセルドルフ・アリーナは大歓声に包まれたが、シュートがGKに阻まれると、スタジアムにはため息が漏れた。それでもすぐに拍手が起こり、日本の好プレーを称えていた。(河合 拓 / Taku Kawai)

河合 拓

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加