ヒーロートーク ヤクルト・長岡、八回V打に「なんとか取り返したいと思って打席に入った」

ヒーロートーク ヤクルト・長岡、八回V打に「なんとか取り返したいと思って打席に入った」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/05/14
No image

ポーズをとるヤクルト・長岡秀樹=マツダスタジアム(撮影・甘利慈)

(セ・リーグ、広島3-5ヤクルト、5回戦、ヤクルト4勝1敗、14日、マツダ)ヤクルトが逆転勝ちで首位に再浮上した。1点を追う八回に4番・村上が2打席連続の11号同点ソロを放つと、さらに1死二、三塁の好機をつくり、8番・長岡のこの日3本目の安打となる中前適時打で勝ち越した。九回には3番・山田の7号ソロで突き放した。七回を無失点に抑えた3番手・コールが来日初勝利を挙げた。試合後の長岡のヒーローインタビューは以下の通り。

--ナイスバッティングでした

「ありがとうございます」

--首位攻防戦をチームとして勝ち切った気持ちは

「接戦をものにできたので、よかったと思います」

--八回1死二、三塁、どんな思いで打席に向かったか

「先輩たちがつないでくれたチャンスだったし、守備のほうで取れるアウトを取れず、失点したケースもあったので、なんとか取り返したいと思って打席に入りました」

--打った瞬間の手ごたえは

「いい感じに詰まって、いいところに落ちてくれました」

--ランナーが生還してガッツポーズ。あの時の気持ちは

「ベンチの先輩方がすごく喜んでくれていたので、それに応えたガッツポーズでした」

--4月2日以来の猛打賞の活躍で、明日にもつながるか

「そうですね。明日もこの勢いのまま行ければいいと思います」

--プロ3年目で躍動を続けているが、どんなことを大事に試合に臨んでいるか

「初心を忘れずに、少し慣れてきちゃう部分もあると思うんですけど、開幕戦のような初心で、これからもずっと毎試合出続けられればと思います」

--首位に返り咲いた。ファンにメッセージを

「これからもっともっと厳しい試合が続くと思いますが、選手みんなで頑張りますので、応援よろしくお願いします」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加