悩みを相談する人の意外な本音「欲しいのはアドバイスじゃなく...」

悩みを相談する人の意外な本音「欲しいのはアドバイスじゃなく...」

  • CHANTO
  • 更新日:2020/09/18
No image

周りに悩んでいる友人や後輩がいたら、仲間として相談にのってあげたいと思うもの。しかし時には、いまひとつ上手にアドバイスできないことも…。そこで今回は「相談にのるのが下手」というお悩みについて取り上げます。

的確にアドバイスできない…

事務職として働く女性は「後輩の相談にのる機会が増えたのですが、的確な助言ができなくて困っています。的外れなことばかり言ってしまうせいか、いつも場が微妙な空気に…」とコメント。後輩に先輩らしい姿を見せられなくて悩んでいるようです。

彼女の“上手にアドバイスできない”という声には共感する人が多く、「せっかく相談してくれたのに、当たり障りのないことしか言えなくて申し訳なくなる」「気の利いた言葉を言いたいのに何も浮かばない…」などの反応が目立ちます。

なかには「助言するよりも悩みが発生した原因を聞くことを重視してる。原因がわかれば、解決の糸口が見つかるはず」「良いアドバイスはできないけど、なるべく暗くならず元気にリアクションする」といった対処法をあげる人もいました。

>>NEXT アドバイスよりも話を聞いてもらうことが大切?

話を聞くだけでOK!?

“相談にのるのが下手”と密かに悩む人は多いようですが、そもそも相談者は相手にどのような対応を期待しているのでしょうか?

実際に相談する機会が多い人からは、「本音を言えば話を聞いてくれるだけでかなり嬉しい。気持ちも楽になるので、アドバイスはあれば言ってくれるくらいで大丈夫」「悩みに共感してくれたら、それだけで満足します!」などの意見が。アドバイスよりも“話を聞いてもらう”という行為自体がポイントなのかもしれません。

一方で「本当に助けてあげたいなら、遠慮せずに本音を言う」との声も。「共感しているだけでは相手の成長につながらない。相手が傷つくかもしれないけど、厳しい言葉でもしっかり伝えるべき」「私はいつも嫌われる覚悟でアドバイスする。言い合いになっても、それによって相手の本心がわかることもあります」という主張も見られました。

>>NEXT 相談にのる時の“態度”も意識するべき!?

コミュニケーションで大切なことは「目を見て話す」?

“相談を受けた時に心がけている”ことがあげられましたが、ほかに気をつける点はないのか、気になりますよね。

ソニー生命保険株式会社は今年7月、「コミュニケーションに関する意識調査」を実施。同調査では、15~69歳の男女1000名を対象に、“会話の際に気をつけていることは?”と尋ねています。

最も多かった回答は「相手の目を見て話す(37.6%)」。次いで「適度にあいづちを打つ(37.0%)」「相手への興味・関心を持つ(35.9%)」と続きました。

ほかには、「適度にうなずく(33.9%)」「相手の話は最後まで聞く(32.1%)」などの声が。これらの回答は、実際に相談にのる際の“態度”として参考になるかもしれませんね。

人の相談にのる時は、いろいろな思いから気負ってしまう人もいるようですが、「アドバイスしなきゃ!」と焦るのではなく、まずは親身に話を聞こうとすることから始めてみてはいかがでしょうか?

関連記事:相談の返事が“綺麗事”ばかりでツラい…同調の声も「それが大事な時もある」

文/河井奈津

参照/ソニー生命保険株式会社「コミュニケーションに関する意識調査2020」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000191.000003638.html

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加