【グリップに秘密が...】組み合わせ48通り!歯科医キャンパーが開発した、ギアとして遊べる「歯ブラシ」が面白い

【グリップに秘密が...】組み合わせ48通り!歯科医キャンパーが開発した、ギアとして遊べる「歯ブラシ」が面白い

  • CAMP HACK
  • 更新日:2023/11/22
No image

アイキャッチ画像出典:Instagram by @oral_mountain

記事中画像撮影:筆者

こんなの待ってた!理想の歯ブラシ

No image

アウトドアやトラベル用の歯ブラシってどんなものを使っていますか? 筆者はこれといって気に入ったものもなく、シンプルで使いやすい無印良品の歯ブラシとケース(上記写真のもの)をセットで使っていました。

でもギアにこだわるように、歯ブラシだって見た目も機能面も愛着が湧くスペックだと嬉しい……。そんな思いを抱いていたところ、縁あって面白い歯ブラシに出会いました。

セパレート式の「ORAL MOUNTAIN」の歯ブラシ

No image

入手したのは、日本発オーラルケアブランド・ORAL MOUNTAIN(オーラルマウンテン)の歯ブラシ。自身もキャンパーである日本の歯科医師が開発した本格派なんです。

ヘッドとグリップを分割して携行でき、何やらグリップの底面にもギミックが隠されている模様。

ヘッド×グリップの組み合わせは48通り

No image

しかも歯ブラシのパーツの組み合わせは、驚異の全48通り! ヘッドパーツが4色、各色毛材が3種。グリップパーツは、2色、各色2サイズ用意されています。このなかから好みの歯ブラシを作り出すというわけです。

これだけでも特別な歯ブラシですが、さらにカスタムも楽しめそうだったので、使い倒してみました。

国産にこだわった上質なヘッド「HYBRID BAMBOO」

まずはヘッドパーツの紹介から。カラーは、SAND・SLATE GRAY・OD・BLACKの4色から選べます。

ヘッド部分は竹ハイブリッド材

No image

ヘッド部分は一見プラスチックのようですが、三重県産の高品質な竹を混合材としたPLA(石油不使用の植物性樹脂)で作られたハイブリッドな材質です。

環境にやさしい素材を使っており、歯ブラシでは珍しく2年間の使⽤期限が設定されているほどの高生分解性材質なんです。

一般的に、1日3回歯磨きした場合の歯ブラシの寿命が約1ヶ月とされているので、実用面では全く問題ありませんね。

テーブルに置いても安心なヘッドの形状

No image

その形状もひと工夫されており、歯ブラシを置いた際、口に入る部分が接地しないよう背面が突起したフォルムに。

歯ブラシを、洗面台やテーブルなどに絶対直置きしたくない潔癖症の筆者には神のような配慮。

また、サイズは約9.5cm(ネジ部分5mm含む)重さは約7.5g(どちらも実測値)とコンパクトかつ軽量です。

好みの硬さを選べる!3つの毛材

人によって好みの分かれるブラシの硬さもしっかり選べるのが嬉しいポイント。

毛材1|花馬毛

No image

1つ目は「花馬毛」。天然の馬毛は太さが1本ずつ微妙に異なり、一般的なナイロンでは得られない新感覚の磨き⼼地です。

使ううちに毛側が摩耗していくため、歯茎やエナメル質を傷つけにくいのも特徴です。毛の硬さはふつう。

毛材2|ひまし樹脂

No image

2つ目は「ひまし樹脂」。見た目は従来のナイロンのようですが、天然素材のひまし油から作られた毛材です。

ほぼナイロン素材と変わらない磨き心地で、しっかりと磨けます。毛の硬さはふつう。

毛材3|高生分解ナイロン

No image

そして3つ目は「ナイロン(ブラック)」。ですが、広く普及している生分解性の高いナイロンを採用しており、しっかりサステナブル。

他の2種より柔らかい磨き⼼地で歯茎にも優しく、子どもにも安心して使えます。毛の硬さはやわらかめ。

パッケージまで抜かりなし

No image

キャンパーである歯科医師が作っただけあって、自然にも優しく、愛用したくなる機能性を備えた歯ブラシ。さらに「こういうところも素敵だな」と思わされたのが、このパッケージ。

イラストは、世界的な画家・絵本作家である奄美大島在住のミロコマチコ氏によるもの。日本の自然の中で共⽣する野⽣動物などのイラストが描かれています。

店頭に並んでいたらつい手に取りたくなりますし、友達へのギフトとしても候補に入れたくなるデザインです。

隠れたギミックがたまらない!グリップパーツ「TSUTSU」

そしていよいよグリップ部分! 「TSUTSU(ツツ)」の名の通りただの筒のようでいて、これが曲者。ここにさまざまなギミックが隠れているんです。

クールなアルミ削り出しグリップ

No image

ボディはアルマイト加工を施した高精度のアルミ製で高耐久、かつ約22.8g(実測値)という軽さを実現。長さは約8.5cmなので、ヘッドと組み合わせた全長は約17.5cmに。

BLACK・SILVERの2色展開で、シンプルなホワイトロゴがアクセントのクールなデザインも魅力です。

長さ半分のminiタイプも!

No image

太さはそのままに、長さが約3.5cm(筆者実測値)へと短くなった「TSUTSU mini」も登場。

ノーマルタイプの半分以下のわずか約7.8g(実測値)という軽さで、ミニマリストやハイカーなど大人はもちろん、子どもの手にもちょうど良い絶妙なサイズ感なんです!

グリップパーツ「TSUTSU」のカスタムが面白い!

お待たせしました! いよいよ隠れたギミックについてご紹介していきますね。

なんと1/4インチネジ穴も搭載

No image

なんと、グリップ底部のキャップ部分には、カメラ三脚規格の1/4インチネジ穴を搭載! 対応するキャンプギアも多く、いろいろなアイテムをつけてカスタムできるんです。

【次ページ】カスタムしたら歯ブラシがまさかの姿に…!

No image

こちらは38Explore「38灯」のカスタムパーツとしてもお馴染みの、カメラ用パーツ「1/4ネジ付きDリング」なんですが、これを装着すれば歯ブラシを吊り下げて保管や乾燥が可能に。

No image

そしてこちらは真鍮製の「1/4ネジ付きDリング」の、Dリングを外して穴あけ加工し、パラコードストラップ+カラビナを装着したもの。

これなら、カラビナでより幅広い場所に吊り下げられます。これまではコップの上に置いて乾かしたり、時には致し方なく濡れたままケースに保管するシーンがありましたが、その悩みから解放されました!

No image

こちらは別タイプの「1/4ネジ付きDリング」を装着し、長めのパラコードを付けて首から下げられるように。

No image

38Exploreの「ZEROPOD38」を取り付ければ、そのまま歯磨きをして、乾燥時はテーブルに挟んで固定しておくことも可能です。こんな風にキャンプ場で歯ブラシを設置していたら、気になって仕方ないですよね。

みなさんもカスタムで新しい歯ブラシの居場所を作ってみてはいかがでしょうか。

グリップ内部は空洞…!?タブレットも登場

No image

この「TSUTSU」まだまだ語りたくなるポイントが。隠されたギミックは「1/4インチネジ穴」だけじゃないんです!

ローレット加工されたキャップ部分は外せて、なんとグリップ内部は空洞に。

タブレット「OM TOOTH TAB」

No image

※写真のタブレットは製品版ではありません。

こんな感じでタブレットが入る仕様になっているんです。

しかも、この空洞にシンデレラフィットする、タブレット「OM TOOTH TAB」もラインナップ。

No image

こちらは、いわゆるタブレットのお菓子。なのですが、虫歯になりにくい成分で構成されています。

卵の殻を使った新しい口腔ケア素材「クリアアパタイト」を配合。調べてみるとこの素材には、エナメルを修復してくれる成分があるとのこと。

筆者は、個人的に歯磨き粉代わりとして使っています。味も「ぶどう味」なので、炊事場の遠いキャンプ場でも口の中がスッキリして重宝しています。

これぞアウトドア用歯ブラシの最高峰!

No image

凝り性な現役歯科医師キャンパーが開発した、誰にも真似できない唯一無二のギアたる歯ブラシ。

アウトドアシーンでの携行性の高さやサスティナビリティはもちろん、オーラルケアのクオリティに加え、そのギミックゆえ、まさか歯ブラシで遊べる時代が来るとは……。

48通りのデザインや磨き心地を試すもよし、1/4インチネジカスタムを楽しむもよし、ぜひ、オーラルケアだけでなく、ギアとして遊べる歯ブラシを手に入れてみませんか?

ORAL MOUNTAINの公式Instagramはこちら
取り扱い店一覧はこちら

✔️こちらの記事もおすすめ

【俺の一軍収納】シェルコンにフィット!Bayfields Co.の「ギアコンテナS」でギア探しの不毛な時間が解消したぞ

2023/11/15ソトグラフ

No image

重くてデカイはもう卒業。役割をシンプルに追求したら、最適解は「ユニバーサルスタンド」でした【私的神アイテム】

2023/11/15ソトグラフ

No image

【俺流カスタム】スタンレー「クラシックランチボックス」で楽しむ“超ミニマム”コーヒースタンド

2023/10/06ソトグラフ

No image

ソトグラフ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加