東海地方の雪は夜まで警戒 さらに27日にも雪の可能性 最新情報に注意を

東海地方の雪は夜まで警戒 さらに27日にも雪の可能性 最新情報に注意を

  • テレビ愛知
  • 更新日:2023/01/31

日本の南に南岸低気圧 再び雪の可能性

No image

27日は日本の南に南岸低気圧

24日夜、愛知県内でも雪が降るところがあり、午後6時半時点、名古屋市付近にも雪雲が流れ込んでいました。ただ、愛知県の平野部などの雪雲は一時的で、夜遅い時間帯には止むところが多くなり、夜遅くからは三重県の北中部中心に流れ込んでいました。東海地方への雪雲の流れ込みは、日本海からの風向きに大きく影響を受けていて、日本海からの風向きが北寄りだったため、三重県を中心に雪雲が流れ込み続けました。さらに25日の朝にかけ、流れ込みが段々と知多半島や渥美半島の方へと向きを変えました。北西風になっていたため、同じような場所にかかり続けました。25日のお昼ぐらいでも同じような場所にかかり続けていて、お昼を過ぎて、ようやく夕方ぐらいに少し弱まってきていますが、同じような流れ込みは夜頃まで続きそうです。25日午後4時現在の愛知県の積雪を見てみると、知多半島や渥美半島、そして三重県の北中部で積雪が増えていて、流れ込んでいる先の積雪が多くなっています。セントレアでは4センチの積雪が観測されるなど、26日にかけて知多半島・渥美半島では、気温が低いため凍結した状況も続きそうです。路面の状態、車の運転などにはくれぐれも注意をしてください。また、三重県の山間部にも雪、積雪が多い状態が続いていきそうです。さらに27日、また雪の可能性があります。愛知県で雪になる気圧配置というのが今回のような冬型の気圧配置なんですが、27日は南岸低気圧、日本の南に低気圧が進んできます。こういう時は水分の多い、べちゃべちゃな雪になる可能性がありそうです。週間予報を見てみると、27日金曜日はこの南岸低気圧の影響で、雪になるか雨になるか難しい予報となっていて、最新の情報に注意するようにしてください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加