ロッテ・佐々木朗希が好投6回無失点 勝てばマジックの試合でオリックスから8奪三振

ロッテ・佐々木朗希が好投6回無失点 勝てばマジックの試合でオリックスから8奪三振

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/15
No image

1回、生還した中村奨を迎える佐々木朗(撮影・神子素慎一)

「オリックス-ロッテ」(14日、京セラドーム大阪)

ロッテの先発・佐々木朗希が6回5安打無失点と好投し、3勝目の権利を持って降板した。

先に攻撃で3点の援護を受けてから初回のマウンドへ。杉本への2球目と4球目に自己プロ公式戦最速タイの158キロをマークした。宗の左中間への打球を岡がダイビングキャッチするなど、バックにも助けられた。

二回に中川圭からこの日最初の三振を奪うと、三回には杉本から、四回にはモヤと太田から三振をとった。五回は福田と宗を連続三振に斬った。

六回もモヤをストライクゾーンに落ちてくるフォークで三振に仕留めた。中川圭からは直球で8つ目の三振を奪った。

四球は三回に福田に出した1つのみ。変化球を織り交ぜた安定感のある投球で、オリックス打線を封じ込めた。6-0とリードを保ち、プロ3勝目の権利を持って降板した。

球団を通じ、佐々木朗は「早い回から野手のみなさんが点をたくさん取ってくれたので、自分は思い切って投げることができました。チームが勝利するように応援します」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加