新潟DF長谷川巧が左ひざ前十字靭帯損傷...既に手術を実施済みで全治は術後約8カ月

新潟DF長谷川巧が左ひざ前十字靭帯損傷...既に手術を実施済みで全治は術後約8カ月

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/03/02

アルビレックス新潟は2日、DF長谷川巧が負傷し左ひざ前十字靭帯損傷と診断されたことをクラブ公式サイトで発表した。既に手術を実施しており、全治は手術後約8カ月の見込みだという。
 クラブ公式サイトによると、長谷川は2月5日のトレーニングで負傷し、左ひざ前十字靭帯損傷と診断された。同月18日には、関連病院で手術を行った模様。
 現在22歳の長谷川は、新潟のユース出身。2017年にはトップチームへと昇格

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加