渋野日向子は67位終了 最終日74で4日間アンダーパーなし

渋野日向子は67位終了 最終日74で4日間アンダーパーなし

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/04
No image

渋野日向子(2021年3月28日撮影)

<米女子ゴルフツアー:HSBC女子世界選手権>◇最終日◇2日◇シンガポール・セントーサGC(6718ヤード、パー72)◇賞金総額160万ドル(約1億7600万円)

68位から出た渋野日向子(22=サントリー)は、2バーディー、4ボギーの74で回り、通算11オーバー、67位で終わった。

スタートの10番パー4でいきなりボギーをたたき、10オーバーと落とした。その後は、なかなかチャンスにつけることなくパーでしのいだ。しかし、16番パー5では、長いパーパットが残り、決めきれずボギー。11オーバーと2つ落とした。

それでも18番パー4では、フェアウエーからの第2打をピン奥2・5メートルにつけるバーディーチャンス。これを決めてバーディー。前半は37で回り、通算10オーバーで折り返した。

後半は1番パー4でバーディーを奪い9オーバーに戻したが、3番パー4でボギー。7番パー3でもボギーをたたき、2バーディー、4ボギー。

フェアウエーキープ率は92・8%(14分の13)と、ティーショットは安定したが、パーオン率は61・1%。ショットが安定せず、チャンスにつける回数が少なく、4日間アンダーパーなしで終えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加