徳島ヴォルティスMF渡井理己、J1の舞台でも「昨季のスタイルを継続」。開幕戦は「胸を借りる気持ち」

徳島ヴォルティスMF渡井理己、J1の舞台でも「昨季のスタイルを継続」。開幕戦は「胸を借りる気持ち」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/02/23
No image

渡井理己

2021シーズンのJリーグ開幕直前オンライン記者会見が23日に行われた。徳島ヴォルティスに所属するMF渡井理己が開幕戦に向けて会見に臨んだ。

昨季はリカルド・ロドリゲス監督のもと、徳島はJ2優勝とJ1昇格を果たした。徳島で4年目を迎える渡井にとっては初のJ1の舞台となる。

渡井は「徳島ヴォルティスとして7年ぶりのJ1になりますけど、昨季J2で戦ってきたスタイルを継続しつつ、J1という新しい舞台ですけど、徳島の力を出し切って、まずは開幕戦を勝利っていう形を持ってこれるように全員で頑張りたいです」と意気込みを語った。

また、開幕戦の大分戦については「大分さんは似たようなスタイルを施行しているチームだと個人的に思っているので、長年こうやってJ1で戦い続けられる大分さんは非常に力があると思いますし、徳島も昨年積み上げてきたものを開幕戦で見せられればと思いますし、本当に胸を借りる気持ちで全力でぶつかっていきたいと思います」と話した。

自身初となるJ1の舞台で渡井が全力で相手にぶつかって、チームの勝ち点3獲得に貢献する。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加