英仏海峡でボート沈没 移民31人死亡、不明者も

英仏海峡でボート沈没 移民31人死亡、不明者も

  • CNN.co.jp
  • 更新日:2021/11/25
No image

移民の遺体を運ぶ海難救助団体の船がカレー港に入る=24日/Francois Lo Presti/AFP/Getty Images

パリ(CNN) フランス北部カレー沖の英仏海峡で24日、移民らを乗せたボートが転覆・沈没し、フランスのダルマナン内相によると、移民少なくとも31人が死亡した。

ダルマナン氏はカレーの病院前で、死者には女性5人と少女1人が含まれると明らかにした。2人が救出され、1人が今も行方不明だという。

フランスのマクロン大統領と英国のジョンソン首相は恐ろしい惨事だとの認識を示し、遺族に弔意を示した。

マクロン氏は、フランスは英仏海峡を墓場にはしないと述べ、欧州連合(EU)の首脳に対して再発防止の取り組みを強化するよう促した。

マクロン氏によると、フランスはここ数カ月、英国と協力して密航業者のネットワークの解体に取り組んでいた。

600人の警官や憲兵を動員した結果、今年に入り北部沿岸で密航業者1552人が逮捕され、44の密航業者ネットワークが解体された。こうした取り組みにもかかわらず、英国へ渡ろうとする試みは1月1日以降で4万7000件発生し、移民7800人が救助されたという。

フランスのジラルダン海洋相は、フランスと英国、ベルギーのヘリコプターが共同で捜索を行っていると明らかにした。

フランスのカステックス首相は今回の事案を「悲劇」と形容。「私の思いは多数の不明者や負傷者、苦境や窮状につけ込む犯罪的な密航業者の犠牲となった人々と共にある」とツイートした。

英国のジョンソン首相も「衝撃を受けがくぜんとしている。海上で人命が失われたことに深い悲しみを覚える」と述べ、犠牲者や遺族に弔意を示した。一方で、今回の惨事はこうした形で英仏海峡を渡るのがいかに危険か、密航業者のビジネスモデルを破壊する取り組みの強化がいかに重要かを示しているとも述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加