【POG】ヴィントミューレ5馬身差で圧勝 北村宏「最後まで安定していた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/22

「新馬戦」(21日、東京)

東京3Rで6番人気のヴィントミューレ(牡3歳、父オルフェーヴル、母ストーミーレニー、美浦・木村)が、2番手追走から楽々抜け出すと、最後は5馬身差をつけて圧勝した。

北村宏は「新馬なので少しハミを取ったり周囲に気を使ったりしていたが、修正の利く範囲。しっかりと調教を積んで息はできていたし、最後まで安定していました」とレース内容に合格点を与えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加