大阪・吉村知事 緊急事態宣言再発令に「ここで抑える、ということをお願いしたい」

大阪・吉村知事 緊急事態宣言再発令に「ここで抑える、ということをお願いしたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/16

大阪府の吉村洋文知事(45)が14日、MBSテレビの情報番組「ミント!」(月~金曜後3・49)に出演し、大阪、京都、兵庫の関西3府県に再発令された緊急事態宣言についてコメントした。

No image

大阪府の吉村洋文知事

「年末まではなんとか感染の急拡大を抑えてこれた状況にあったんですけども、1月6日以降に急激に感染が拡大しているというのが今の大阪の状況」と吉村知事。今回、緊急事態宣言の要請に至った経緯について、「東京の新規感染者が2000人を超えるという衝撃的な数字が出て、東京と大阪はどちらも大都市圏で同じような都市構造を持っている。東京が感染拡大している中で大阪だけずっと抑え続けられるとみるのは楽観的ではないか?という判断もあった」とし、「6日の大阪の新規感染者が560人、7日は607人の数字を見た時に、これはもう感染急拡大の天井を越えている。緊急事態宣言もやらなきゃいけない状況なんじゃないかということを判断した」と経緯を明かした。

「今回、ある程度このウイルスの特徴が見えている中で、やはり感染が広がる場面を集中的に抑える。そういった場が生じやすい夜の8時以降を特に抑えていく。ただウイルスは日中も夜も関係ないので、基本的な人の流れはある程度、止めて行かなくてはいけない」と知事。さらに「感染が広がる場面を抑える意味では、多くの方に協力いただいていると思っています。2月7日まで25日間ですから、この期間に区切ってなんとか感染を抑えていく。そして、1人1人の感染症対策を徹底してとっていく。『ここで抑える』ということを是非お願いしたいと思います」と、改めて呼びかけていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加