スカパラ谷中&茂木「氷結=出会い」 志村けんさんとのセッション懐かしむ

スカパラ谷中&茂木「氷結=出会い」 志村けんさんとのセッション懐かしむ

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/11/24
No image

(左から)武藤千春、東京スカパラダイスオーケストラ・谷中敦、茂木欣一 (C)ORICON NewS inc.

東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦、茂木欣一が21日、東京・渋谷の展望施設「SHIBUYA SKY」で行われた『J-WAVE SELECTION HYOKETSU MUTO REFRESHING MOMENT』の収録に参加した。

【動画】志村けんさんについて語るスカパラ・谷中敦&茂木欣一

「キリン 氷結 無糖レモン」が提供する同番組は、谷中が歌詞を提供した楽曲「揺れてたブランコ」でボーカルも務める武藤千春が、ナビゲーターを担当。開業1周年を迎えた同施設でラジオ収録が行われるのは、今回が初だという。この日の収録の模様は、29日午後10時より放送される。

午前6時半からスタートしたラジオ収録は「キリン 氷結 無糖レモン」の乾杯で幕開け。会場にも朝日が差し込み、高層階から渋谷の街並みを眺めた茂木は「日の出とともになんて。贅沢な気持ちになりますね」と至福の表情。谷中も「朝焼けが、夕焼けに感じるね」とほほ笑みながら、喉を潤した。その後も同商品になぞらえた爽快エピソードや、無糖に掛けた“甘くないエピソード”トークなどに花を咲かせた。

収録後の取材に応じた谷中は「僕らにとっては、氷結=出会い。志村けんさんとのセッションは忘れられない」と懐かしみながら「高橋一生さんともやらせてもらった。一生さんとも『いつかライブをやりたいね』と話しているんです」。茂木も「(ライブをしたら)すごい盛り上がっちゃうだろうね」と前向きだった。

また、楽曲「揺れてたブランコ」に話題が及ぶと、武藤は「歌詞を見たときに甘いなと思いました! 会えない時間を描いたり、『キス』というワードが出たり。コロナ禍で人に会えない寂しさもポジティブに変えて、谷中さん風にロマンチックに仕上がってます」と笑顔。谷中は「優秀です。その場の変化にもすぐ対応してくれたし、作業もやりやすかったので感謝しかなかったです」と絶賛していた。

また、東京スカパラダイスオーケストラは、12月3日にワンマンライブ『Great Conjunction 2020』(東京・Zepp Haneda)を開催することが決定した。同ライブは「GYAO!」にて生配信も実施される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加