<試写室>誰が悪で、誰がそうでもなくて、どう騙されていくのか?いづみとともに体感して!

  • フジテレビュー!!
  • 更新日:2022/11/26

前々回、「試写室」にて…

今シーズンは、いづみ(松本まりか)がハルコ(大地真央)のバディとして、“無駄に優秀になっていくだけ”――

と、何の気なしに書いてしまいましたが(何の気なしに書くな)、この第8話見て、訂正いたします。いづみ、ちっとも優秀じゃね―――――!!

いや、“ちっとも”は言い過ぎか。第1話ではセクシー過ぎる和ホステスになりきるし、第6話ではエロ監督に寝込みを襲われ(未遂…けど大宴会場のまんまん中で!!)と、体を張れるパフォーマンス力と、ハルコによって次々送り込まれる町々への対応能力はとてつもなく優秀、ずば抜けてるとすら言っていいんだけど、いかんせん、“根本”が全然変わってない、向上してないんよね…。“根本”それは、すぐ“騙(だま)される!”ってことなんだけど、そのせいで、バディとしての優秀さが、相殺されてしまうんよね…。って、うん、いや、だけど、それって、前々回僕が“何の気なしに書いた”ときからすでにそうだったし、結局のところ、それが、それこそが、いづみの良いところなんだよね…(って、ここまで長々と何だったの!?)

いやだけど、いづみは39歳(!!!僕と同い年!!!)で、婚期を逃してて、それでも諦めずに王子様を探し求めてる…はずなのに、ハルコに常時振り回されてる…という、幾重にも積み重なる“イタさ”があるのにも関わらず、いづみにちっとも“イタさ”を感じないし、毎回毎回、潜入してはかえって騙され、それも“いいオトコ”関連ですぐ騙され、いやさして“いいオトコ”でもないときでも騙され…って、いづみはここへきて成長してるんだかしてないんだか、バディとして役に立ってんのか立ってないのか、よくわかんないはずなのに、ハルコにとってはもちろんのこと、視聴者にとっても、“なくてはならない存在”にさせちゃう松本まりかさんの造形美、素晴らしいですね!!

画像ギャラリー【全5枚】を見る

No image

って、急に、どうした!って感じですが、今回の冒頭。オープニングタイトルに入るまで、珍しくいづみが登場しないので、なんだか少し物足りなさを感じてしまって「え?松本まりかさん、今週スケジュールNG出たから、出番少なめ??」とか、勝手に僕が大人の事情をよぎらせてしまったタイトル明け…。いづみフル出場!!!で安堵した…というわけ(どういうわけ!?)。だからつい、いづみに触れたくなったのです…。で、改めていづみの造形美を振り返ると、ともすればオーバー過ぎるTHE松本まりか(=超絶キュート)リアクションも、まったくあざとく感じさせず、むしろいとも簡単にこの世界観にマッチさせてしまう『最高のオバハン中島ハルコ』、偉大過ぎるよな!

画像ギャラリー【全5枚】を見る

No image

っというわけで、今回もいづみ大活躍!!という名の、いつも以上にとんでもない“敵”に、知らぬ間に騙されていく…ストーリーなのだけど、いつもはもっと見るからに怪しい、喋ってみても怪しい、動きも何もかも怪しい相手、ばかりなんだけど、今回ばかりは僕も騙されてしまいそうになった(おい!)結構な難敵。赤尾(増田修一朗)、青田(久保山知洋)、黄島(山川源太)という“赤青黄”の雑ネーミングトリオが登場するんだけど、さて、誰が悪で、誰がそうでもなくて、一体どう騙されていくのか?その辺のスリリングを、いづみとともに体感してください。

画像ギャラリー【全5枚】を見る

No image

“畳”をモチーフにして1話の物語を作れちゃう、その手腕がとてつもない

でもって今回、ハルコが救う “絶滅危惧種”は、シーズン1以来の登場。愛知県の幸田町(あの“リトルハルコ”が登場した“町おこし詐欺”の場所、再び!!)にある“畳”!!!

画像ギャラリー【全5枚】を見る

No image

毎回しつこく振り返りますが、今シーズンのラインナップは、刀匠→鵜匠→名古屋仏壇→養蜂→酒蔵→老舗温泉旅館→ラブコメ→畳!!ラブコメはさんで畳!!(いや、前回はラブコメ全開ではあったんだけど、いつの間にか“閉園危機の遊園地”を救ってたんだけど…)いつもそうなんだけど、どうして“畳”をモチーフにして1話の物語を作れちゃうのか?その手腕がとてつもないわけですが、今回は、地方創生、空き家問題、サブスク住宅、デュアルライフという日本の社会問題と、よくわからない横文字の“今”もさりげなく盛り込みながら、いつものようなハルコワールドによってちっとも社会派にはさせてくれないし、説教臭くもならないし、だけど少しだけ学び、含蓄(がんちく)がある…かも?とか思わせといて、やっぱりなんつったって超痛快!!とフィニッシュします。そして、僕が前回から予感してた、“いづみの春”…もなんだか、少しずつ、いい感じになってきて…。うーん、ここも最後まで見逃せません!!

画像ギャラリー【全5枚】を見る

No image

で、ところで今回も登場する菰野大臣(南圭介)なんだけど、毎回ハルコがギャフンと言わせて成敗してるはずなのに、まだ大臣やってて、しかも権力も維持してる、いや結構な権力を維持してるってさ…。あまりに皮肉がききすぎてやしませんか?笑うに笑え…ない??いや、笑えるからよし!!

大石 庸平

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加