車いすバスケ古澤さん 26年間の葛藤と挑戦、本に 港北区内在住の銀メダリスト〈横浜市港北区〉

車いすバスケ古澤さん 26年間の葛藤と挑戦、本に 港北区内在住の銀メダリスト〈横浜市港北区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/06/23

東京パラリンピックの車いすバスケ男子・銀メダリストで、港北区在住の古澤拓也選手(26歳・パラ神奈川SC/WOWOW所属)が、これまでの26年間の葛藤や歩みを本にまとめた。書籍のタイトルは『車いすでも、車いすじゃなくても、僕は最高にかっこいい。』(小学館)だ。

生まれつき、二分脊椎という先天性疾患があった古澤選手。小学5年生までは、自分で歩いて登下校もしていたが、合併症の影響から小学6年生で手術を受け、車いすでの生活になった。

本が完成し古澤選手は「障がいの進行から銀メダルを取るまで、順風満帆ではなく、壁を乗り越えたり、かわしたりして結果が出たことを伝えた本」と振り返る。「障がいのある子や親御さんの力になりたいとずっと思っていたので、難しい状況にある人、元気のない人にも読んでもらえたら」。自身も元々スポーツ選手の本が好きで、励まされてきたことから「いつか自分も」との思いもあったという。

小学生時代、いずれ歩けなくなると理解してはいたが、スポーツが得意で野球少年だった古澤選手。このため、夢は野球部に入り「甲子園に行くこと」だった。その夢が小学6年生の時に閉ざされ、野球ができないことが何より辛かったと振り返る。

初めて車いすで小学校に登校する際は「皆から今までの扱いをされないんじゃないか、休み時間に友だちとドッジボールをしていたのに、どこにいたらいいんだろう」と憂鬱に。しかし担任教諭の「車いす、かっこいいな」との一言が不安をかき消したというエピソードも。友人たちもかっこいいと駆け寄ってくれたといい、その後も「友人たちに恵まれました」。

本には「車いすユーザー」になった自分を受け入れられなかったが、人との出会いや車いすバスケとの出合い等を通じ自分を受け入れ、挑戦していく様子が記される。

また中には幼少期からの家族とのやり取りも。現在はメダルを取ったことで障がいのある子どもを育てる親に遠い存在のように思われることがあるが「メダルは現時点の結果で、前半の人生は他の障がいのある子と変わらない子どもだった」と捉える。「どこで頑張ってどこで休むか、中間が大事なのかなと思う。子どもが小さいうちは成長の途中で先が見えないかもしれないが、どう過ごしてきたか知ってもらい何かの参考になれば」

本は四六判、192頁。区内書店等で購入可能だが、店頭にない場合は取り寄せ注文となる。

No image

著書を手にする古澤選手

タウンニュース港北区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加