夫が「産後うつ気味の私」にしてくれたことは...?救われた安いポロシャツの思い出 【いい夫婦の日:エピソード1】

夫が「産後うつ気味の私」にしてくれたことは...?救われた安いポロシャツの思い出 【いい夫婦の日:エピソード1】

  • ママスタセレクト
  • 更新日:2020/11/21

15年ほど前、娘が生後半年くらいのときの話です。

育児に慣れてきた、の、かな……? というくらい育児に自信はなく、まだまだ新米ママだった私。毎日の育児が手探りで、気を張り続けていました。

No image

ある休日、夫と私と娘の3人で家の近くのショッピングモールへ遊びに行きました。車から降りて、ベビーカーを押して3人で歩き始めるとすぐに夫が「ちょっと待って」と。そして。

No image

私はお言葉に甘えて1人でショッピングモールを見て回ることになりました。

お小遣いもそんなにないなか、5,000円をポンと渡してくれて……。仕事が大変なのに、私のことまでちゃんと考えてくれていたなんて……。

思いがけなかったですが、とても嬉しく、ありがたかったです。

No image

結局買えたのは、安いポロシャツ1枚。今となっては、お店もたくさんあったんだし、もっとかわいいものが買えたでしょ~とも思わなくもないのですが(笑)。

しかし、ずーっと赤ちゃんとの時間を過ごしていた私にとっては、自由に動き回ったこの2時間、自分のために買ったポロシャツが、とても新鮮で幸せでした。

おかげで次の日からの育児をまた、頑張れたのです。

当時手を焼いた娘は今や中学3年生。夫は……。

No image

結婚して20年。折に触れて思い出すのは、こんな何気ない日常です。あの日のポロシャツは今も大切に保管しています。

次は【いい夫婦の日:エピソード2】へ。

※この漫画はママスタセレクトの企画に寄せられたエピソードを元に作成しています。

原案・読者のエピソード 脚本・編集部 作画・よしはな

ママスタセレクト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加