【うまくなる】野菜炒めは基本の塩で味付け決まる!

【うまくなる】野菜炒めは基本の塩で味付け決まる!

  • 暮らしニスタ
  • 更新日:2022/06/23
No image

【うまくなる】野菜炒めは基本の塩で味付け決まる!

家庭のコンロでお店みたいな野菜炒めが作れる、簡単な基本を紹介します。

野菜炒めって、味が付かない、味が決まらない、タレで水っぽい。悩みありますよね

定番だけど、こんなもん。が野菜炒めの立ち位置かなっと感じています。

でも、塩を上手に使うと、お店みたいに美味しく作れるようになっちゃうんです♪

今日の方法は野菜の味がグッと美味しくなります。僕の家では子供がパクパク食べてくれるようになりました!

▼材料

・ 豚こま肉:100g

・ キャベツ:50g

・ にんじん:50g

・ もやし:200g

・ 塩:適量

・ 砂糖:適量

・ 油:適量

・ 味付け(お好みのもの):適量

■肉へ下味

豚こま肉へ炒めても硬くならない下味をつけます。

肉100gへ軽くひとつまみした塩、その半分の砂糖をよく和え10分置いておきます。

これで炒めても硬くなりません!

■野菜の準備

キャベツなどの柔らかい野菜は大きめに、にんじんなど硬い野菜は小さく薄く切って用意します。

切ったら使う野菜の重さを計ります。今回は300gです。

これが味を決めるポイントになってきます。

■肉を炒める

フライパンを中火で温めて油をひき、肉に火が通るまで炒めます。

硬くならないので、ご安心を♪

■野菜に軽く塩

野菜を入れて重さの0.5%の塩を振ります。今回は300gだったので1.5gですね。

計るのが大変な時は軽くでok!野菜に薄ーく味が付くくらいで大丈夫です。

ここで薄く味をつけると野菜の旨味が引き出され、タレを入れても水分がほとんど出ない状態にできます♪

■フタをして蒸し焼き

軽く混ぜてフタをして2分ほど蒸し焼きにします。一度フタを取り軽く混ぜて2分蒸し焼き。

一個野菜を食べてみて「熱っ!」てなれば火の通りはokです♪

箸で触りながら炒めると野菜に傷がつきベチャっとしやすいです。フタをして一気に加熱すると、短時間で火が通るのでシャキッとします!

■お好みの味付け

後は好みの味付けで、自分が美味しいと思える濃さに調節します。

今回の量だと、焼き肉のタレ:大さじ1、醤油:小さじ1強、オイスターソース:小さじ1強、塩:ひとつまみ

目安にしてみてください♪

■シャキシャキ!!お店みたい!

シャキシャキに仕上がりました♪

味わいも深く、お店で食べているかのようです。

おすすめの味付けは「塩、胡椒」。素材の味が分かりやすく、飽きないですね。

一回レシピ通りに作っていただき、後はアレンジしていただけたら嬉しいです♪

■ コツ・ポイント

・肉が多いとべちゃっとしやすいです。1人分多くても50gくらいがベストです。

・野菜の種類はなんでもok!キノコ、玉ねぎでも美味しく作れます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加