慶大“バスター本塁打”で先制 2番萩尾匡也驚きの1発にベンチ盛り上がる

慶大“バスター本塁打”で先制 2番萩尾匡也驚きの1発にベンチ盛り上がる

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

慶大対中央学院大 1回表慶大無死一塁、右越え先制2点本塁打を放ち喜ぶ萩尾(撮影・野上伸悟)

<明治神宮大会:慶大-中央学院大>◇大学の部決勝◇25日◇神宮

史上5校目の年間4冠(春、秋リーグ戦、大学選手権、明治神宮大会)がかかる慶大が“バスター本塁打”で先制した。

初回無死一塁で、右打者の2番萩尾匡也外野手(3年=文徳)が、初球の外寄り132キロを右越えに放り込んだ。バントの構えをしていたが、バスターに切り替え打ちにいった。驚きの1発に、ベンチは大盛り上がりだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加