三島南・松本賢志郎 悔しさバネにレギュラー狙う

三島南・松本賢志郎 悔しさバネにレギュラー狙う

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

献身的なプレーでチームを支える三島南の松本

<三島南センバツ初出場 起こせ!!南風(4)>

第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)で創部100年の三島南(静岡)が、甲子園に春夏通じて初出場します。連載「三島南センバツ初出場 起こせ!!南風」で、聖地に挑む同校の全27選手を紹介していきます。

◇    ◇    ◇

松本賢志郎外野手(2年)は、悔しさをバネにしてレギュラーの座を狙う。昨秋の県大会では背番号7でベンチ入りも、出場は代打で出た1試合のみ。「1桁の番号をもらっていた分、出番が少なくて悔しかった」と振り返った。

打撃の非力さが自身の課題と考え、今冬はバットを振り込んだ。特にスイング速度の向上を重視し、現在は120キロ台後半に到達。秋は速度を計測していなかったため、上昇幅は不明としながらも、打球の飛距離が伸びてきたことで成長に手応えを感じている。

幼いころ、母から与えられた本を読んだことがきっかけで、マザー・テレサを尊敬するようになった。「自分を犠牲にしてまで、人の治療をしていたところがすごいと感じた。僕も自分のためのプレーではなく、チームのためにと思うようになりました」。レギュラーとして甲子園の舞台に立ち、献身的なプレーでチームの力になる。【河合萌彦】

◆松本賢志郎(まつもと・けんしろう)2003年(平15)8月12日、伊豆の国市生まれ。小2から韮山コスモスで野球を始め、韮山中時代は御殿場ボーイズに所属。三島南高では昨秋からメンバー入り。右投げ右打ち。167センチ、62キロ。血液型O。家族は両親と弟。1年時に学年1位になるほど学業優秀で、得意科目は数学。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加