三浦弘行九段「中終盤は上手く指せた」バランス重視の戦い方で佐々木勇気七段に勝利 スコア2-1とリードを奪う/将棋・ABEMAトーナメント

三浦弘行九段「中終盤は上手く指せた」バランス重視の戦い方で佐々木勇気七段に勝利 スコア2-1とリードを奪う/将棋・ABEMAトーナメント

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/08/06
No image

将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント1回戦第2試合、チーム三浦とチーム斎藤の対戦が8月6日に生放送された。互いに1勝1敗で迎えた第3局は、チーム三浦・三浦弘行九段(48)がチーム斎藤・佐々木勇気七段(28)に勝利。スコア2-1とリードを奪った。

【中継】本戦1回戦でチーム三浦とチーム斎藤が激突

先にリードを奪うのはどちらか。今後の流れを左右する大きな一局。第3局はチーム三浦はリーダーの三浦九段、チーム斎藤はエース・佐々木七段の激突となった。これまでに公式戦での対戦は1局で、佐々木七段が勝利を飾っている。三浦九段は「攻めが鋭く一瞬の切れ味がものすごい。注意して戦いたい」、佐々木七段は「終盤の詰む・詰まないの判断が早いので、ついていけるように指していきたい」と互いに警戒心を高めていた。

三浦九段の先手で、戦型は角換わりに。▲1五歩と突く工夫から攻勢に回った。短い持ち時間の中で、佐々木七段は上着を脱いでギアチェンジ。解説を務めた本田奎五段(25)は「フィッシャーの対局中に上着を脱ぐと5秒くらい使ってしまうので怖い」と驚きの声を上げた。佐々木七段の研究も見られた一局だったが、中盤戦で三浦九段のバランス重視の戦い方が功を奏し、リードを拡大。佐々木七段の猛攻を受け切り、最後は佐々木玉を寄せ切って勝利を飾った。

チームにリードとなる2勝目を持ち帰った三浦九段は、「序盤はうまくいっているかわからないが、中終盤は上手く指せたと思う」と満足気な表情を見せた。一方、敗れた佐々木七段は「ちょっと悔しい負け方」とがっくり肩を落とした。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加