右サイトバックに不満のマンU暫定監督、ブライトンDFの獲得を希望か

右サイトバックに不満のマンU暫定監督、ブライトンDFの獲得を希望か

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2022/01/14
No image

タリク・ランプティ 写真提供: Gettyimages

マンチェスター・ユナイテッドがブライトン・アンド・ホーブ・アルビオンに所属するU-21イングランド代表DFタリク・ランプティ(21)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

チェルシー下部組織出身のランプティは2019年にトップチーム昇格を果たすと、2020年1月にブライトンへ完全移籍。スピードを生かした積極的な攻撃参加と正確なクロスを兼ね備えており、今季は負傷離脱がありながらもプレミアリーグ12試合に出場して1アシストをマークしている。

そんなランプティに対して、イングランド人DFアーロン・ワン=ビサカとポルトガル代表DFディオゴ・ダロトに不満を抱くラルフ・ラングニック暫定監督が右サイドバックのアップグレードとして獲得を希望している模様。ただ、ユナイテッドがランプティの価値を3000万ポンドだと考えているのに対して、ブライトンは4000万ポンドと評価しているようだ。

なお、U-21イングランド代表DFには右ウイングバックの補強を画策するトッテナム・ホットスパーも熱視線を送っていたというが、ウルバーハンプトン・ワンダラーズのスペイン代表FWアダマ・トラオレにシフトしたとようだ。そのほかにも、日本代表DF冨安健洋が所属するアーセナルなども関心を示しているとみられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加