ロッテ・井口監督が試合終了後に退場処分 「しっかりジャッジしてほしいということを言っただけです」

ロッテ・井口監督が試合終了後に退場処分 「しっかりジャッジしてほしいということを言っただけです」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/05/14
No image

【プロ野球オリックス対ロッテ】試合終了後の抗議で退場処分になった、ロッテ・井口資仁監督(中央) =大阪市・京セラドーム大阪(撮影・林俊志)

(パ・リーグ、オリックス1―0ロッテ、8回戦、ロッテ5勝3敗、14日、京セラ)最後の1球が大騒動に発展した。ロッテは反撃の好機を逸して連勝が3でストップ。井口資仁監督(47)が、判定をめぐって試合終了後に退場を宣告される後味の悪い幕切れとなった。

「別に僕が退場になろうがかまわない。しっかりジャッジしてほしいということを言っただけです」。指揮官が振り返ったのは0―1の九回2死一、二塁の場面。エチェバリアへのカウント3-2からの外角低め直球がストライクと判定され、ゲームセットに。井口監督はベンチを出て審判団に強く抗議。「侮辱的な発言」を理由に退場処分となった。

京セラドームでのオリックス戦といえば4月24日。ボールの判定をめぐって佐々木朗が、この日は一塁塁審を務めた白井球審に詰め寄られ騒動となった。試合後、三塁の嶋田哲也塁審は報道陣に「本来ストライク、ボールに関して監督がベンチを出てはいけない。警告を一回して、その後に異議を唱えたので退場にした」と経緯を説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加