阪神・梅野が二回に先制適時打「何とか勝ち星を」女房役が今季初勝利狙う藤浪を援護

阪神・梅野が二回に先制適時打「何とか勝ち星を」女房役が今季初勝利狙う藤浪を援護

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/06
No image

2回、中前へ先制適時打を放つ梅野(撮影・田中太一)

「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム)

連勝を狙う阪神は、二回に梅野隆太郎捕手(31)の先制適時打が飛び出し、アンダーソンから1点を奪った。

先頭の糸原が変化球を中前にはじき返すと、1死一塁からロハスが完全捕球を狙った二塁・菊池涼のグラブをかすめる中前打でチャンス拡大。1死一、二塁となり、ここで梅野が打席に入った。

カウント2-2からアンダーソンが投じた125キロスライダーを強振。打球は中前へとはじき返され、二走・糸原が一気にホームイン。今季初勝利を狙う藤浪への援護点をもたらした。

梅野は「(藤浪)晋太郎が久しぶりの先発マウンドなので先制点をあげることができてよかったです。何とか勝ち星を付けてあげられるように頑張ります」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加