オリックス、ラオウ弾で完封負け阻止 最終戦○&楽天●なら14日M点灯

オリックス、ラオウ弾で完封負け阻止 最終戦○&楽天●なら14日M点灯

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/10/14
No image

オリックス対ロッテ 9回裏オリックス2死一塁、杉本は右越え2点本塁打を放つ(撮影・前岡正明)

<オリックス2-8ロッテ>◇13日◇京セラドーム大阪

意地のラオウ弾が、右翼スタンドに伸びた。8点差をつけられた9回2死一塁で、オリックス杉本裕太郎が本塁打キング独走の31号2ランを放った。

今季ロッテ戦では13本目で、石川から3本目。完封負けも阻止し、「こういった展開でしたが、なんとか一矢報いたいと思っていましたし、なんとか明日につなげて行きたい」と前を向いた。

前日12日に7年ぶりのAクラスを確定させたが、この日は優勝マジック7の点灯を逃した。中嶋監督は「やられたものはやられたんですよ。だから、明日ね。もう、前向いていくしかないので。明日をどう戦うかしか考えていないので。それだけです」と、「明日」と繰り返した。1・5差となったロッテと最後の対戦に勝てば、楽天の敗戦を条件に「M7」が点灯。引き分け以下ならロッテにマジック点灯を許す。佐々木朗と初めて投げ合う宮城に勝利を託す。

▼敗れたオリックスも今日14日にM点灯のチャンスがある。ロッテに勝てば、楽天のソフトバンク戦●を条件にM7が点灯する。両チームにM点灯の可能性がある直接対決は、19年9月12日のソフトバンク3-2西武(メットライフドーム)以来。この時は勝ったソフトバンクが11度目の挑戦でM12を初点灯させたが、3日で消滅。西武が優勝している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加