川和町の建築士事務所 つくり手と地域つなぐ場へ イベント初開催、定期化も〈横浜市都筑区〉

川和町の建築士事務所 つくり手と地域つなぐ場へ イベント初開催、定期化も〈横浜市都筑区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/06/23

川和町の一級建築士事務所「ISHIKAWASAMBO(イシカワサンボ)」と地域課題解決に取り組む「スパイスアップ編集部」(青葉区)が共同で、地域で活動するつくり手や住民をつなぐイベント「MAKERS'DAY」を6月14日に初開催した。今後も定期開催し多世代交流の場としても発展させていく。

イシカワサンボの一級建築士、石川亮さんは都筑区出身。3年前に他界した父親が営んでいた診療所の跡地に今春、事務所を移転した。地域住民と交流を重ねるうちに「30年続いていた父の診療所が地域の集いの場にもなっていたことに気づいた」といい「この場所を地域とクリエイターのために活用できないか」と思案していた。

青葉区を拠点に地域課題解決に取り組んでいるのが「スパイスアップ編集部」。駅から離れた地域にキッチンカーで移動販売を行うなど区内外で地域コミュニティーの醸成に力を入れている。同団体が行ったサステナビリティに関するプロジェクトにイシカワサンボが参加したことを機に意気投合。石川さんの父の診療所の跡地「Urban2・0」(川和町2338の3)を会場にイベント開催を実現させた。

この日はキッチンカーが都筑区産の野菜や川和町で活動する料理人の総菜などを販売。またアーティストの作品展示や、工作と英語を学ぶ子ども向けのワークショップを開くなど多世代が集う賑やかな一日となった。

スパイスアップの柏木由美子代表は「つくり手はもちろん、大人や子どもそれぞれが互いの存在を感じながら過ごせる心地よい場所をつくっていきたい」と語った。次回は8月9日(火)予定。

No image

石川さん、妻のマースさん(中央)とスパイスアップのメンバーたち

タウンニュース都筑区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加