上海問屋、クランプ固定式のUSB Type-Cドッキングステーション

上海問屋、クランプ固定式のUSB Type-Cドッキングステーション

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/11/20
No image

上海問屋は、クランプ式でデスク固定可能なUSB Type-Cドッキングステーション「DN-916010」を、11月19日よりPC専門店ドスパラ店舗および通販で発売した。価格は6,280円(税別)。

上海問屋、マウスパッドとしても使えるシンプルな電子メモパッド

「DN-916010」には、USB 3.0ハブ、カードリーダー、3.5mm音声入出力、HDMI出力などが搭載されており、インターフェースが限られるノートPCの拡張性を高められる。HDMI出力部は4K/30Hzまでの解像度に対応。ノートPCでのマルチモニター環境構築を簡単に行えるほか、USBオルタネートモードに対応するスマホやタブレットなどを接続して、テレビなどの大画面で楽しむといった使いかたもできる。

接続はUSB Type-C(USB3.1Gen1)、搭載インターフェースはUSBハブ(Type-C×1、USB-A×2)、HDMI出力ポート、microSDカードスロット、SDカードスロット(いずれのスロットもSDXC対応)、3.5mmオーディオ、固定可能な厚みは約5~25mm、対応OSは、Windows10、MacOS X 10.10以降、iOS12以降、Android6.0以降。本体サイズは縦25×横110×厚み39mm、重さ約91g。USB(C to C)ケーブル2本(20cm×1、120cm×1)が付属する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加