梅雨や猛暑を乗り切る“出来過ぎ”空調&季節家電5選【安くても傑作モノ】

梅雨や猛暑を乗り切る“出来過ぎ”空調&季節家電5選【安くても傑作モノ】

  • &GP
  • 更新日:2022/05/13
No image

梅雨や猛暑を乗り切る“出来過ぎ”空調&季節家電5選【安くても傑作モノ】

【安くても傑作モノ】

梅雨の除湿や部屋干しをサポートする衣類&布団乾燥機と、夏の熱中症対策におすすめなクールギアを厳選紹介。最新の季節家電を取り入れて、梅雨も猛暑もスマートに乗り切りたい!

*  *  *

梅雨は洗濯物が乾きにくい。雨のせいで外には干せないし、部屋干しだと生乾きやニオイが心配…。そんな梅雨に活躍するのが除湿乾燥機だと、家電ライターの田中真紀子さんは話す。

「部屋干し時に何も対策しないと、乾きが遅くて雑菌臭がするだけでなく、洗濯物の湿気で部屋が蒸し暑くなり、結露やカビの原因になりかねません。また、部屋の湿度を下げることで体感温度も下げられ、梅雨でも快適に過ごせます」

さらに梅雨の後にやって来る猛暑にも注意が必要。熱中症対策として、エアコン冷房と併せてサーキュレーターやパーソナルクーラー&ファンを使うのがおすすめだという。

「涼しいのはもちろんのこと、エアコンの設定温度を上げられるので省エネも叶えます」

最新モデルは高性能なうえ、便利なプラスα機能を備えているため、使い勝手抜群。季節家電を上手に賢く取り入れて、これからの梅雨&猛暑の夏を快適に過ごしたい。

No image

家電ライター 田中真紀子さん

家電の記事を中心に、さまざまなメディアで執筆を行うフリーライター。製品に詳しいだけでなく、実際に使うことでその魅力や取り入れ方を発信する。AllAbout白物・美容家電ガイド

1. 洗濯物の真下に置ける!コンパクトな衣類乾燥除湿機

パナソニック
「衣類乾燥除湿機 F-YZVXJ60」(実勢価格:4万4000円前後)

No image

部屋干しに活躍する衣類乾燥除湿機。洗濯物の真下に置けるコンパクトサイズで効率良く乾かせる。温度の影響を受けにくいデシカント方式を採用しており、一年中パワフルな除湿&速乾を実現。「ナノイーX」で部屋干し臭なども抑える。W43.6×D17.7×H33.5cm

No image
No image

▲部屋の空間除湿にも対応。約6kgと軽量なため、湿気が気になる場所へ手軽に持ち運べる

No image

▲一般的なクローゼットの奥行きに収まる省スペース設計。電源コードも本体背面に収納できる

2. 布団だけでなく靴や衣類も!一年を通して使える乾燥機

シービージャパン
「衣類ふとんドライヤー DRYBOX」(1万3200円)

No image

「ふとん・ダニ・羽毛・衣類・くつ・送風」の6モードを搭載する布団乾燥機。花粉が気になる春や梅雨は衣類乾燥に便利。また雨で濡れたシューズの乾燥にも対応し、ペットのドライヤーとしても使えるため、一年を通して活躍する。約36×12×23cm

No image
No image

▲室内干しにも便利。別売の「衣類乾燥カバー」を使うことで、より効率的に衣類を乾かせる

No image

▲コンパクト設計で使い勝手抜群。付属のホースや「靴乾燥アタッチメント」は本体背面にすっきりと収納可能

3. 自分の周りをピンポイントでしっかり冷やす冷風扇

ショップジャパン
「パーソナルクーラー ここひえ R4」(8980円)

No image

給水タンクに水を入れて使う冷風扇。気化熱現象を利用した冷却技術により、吹出口から最大-10°C(室温比)の冷たい風を放出する。脱衣所などエアコンのない場所で重宝する。また、デスクワークで自分の周りだけを冷やせば省エネに。約W19×D17.5×H20.1cm

No image
No image

▲モバイルバッテリーでも稼動するため屋内外問わず使用できる。首振り機能も搭載

4. 卓上&壁掛けで使える!USB式のサーキュレーター

ライソン
「コンパクトエアーサーキュレーター スイング」(3300円)

No image

場所をとらないコンパクト設計のサーキュレーター。卓上はもちろん、背面にフック穴が付いているため壁にも設置できる。風量調節は3段階で、自動首振り機能も搭載しており、効率良く部屋中の空気を循環させることが可能。USB式で使いやすい。約W18×D17×H23cm

No image
No image

▲左右自動首振り機能を備え、上下角度も手動で90度調節可能

5. ハンズフリー通話ができるネックファンの進化形

スパイスオブライフ
「ダブルファンハンズフリー withコールレシーバー」(8580円)

No image

首に掛けて使うパーソナル扇風機・ネックファンに、スピーカーを搭載した注目モデル。さらにスマホと連携した通話機能も備え、風で涼みながらスマートに電話ができる。風量調整は5段階。強風でもフル充電で最大約155分の連続使用が可能。約W19×D6.5×H27cm

No image
No image

▲Bluetoothスピーカーを搭載し、音楽鑑賞や通話も可能。デスクワークにも大活躍!

>>特集【安くても傑作モノ】

※2022年5月6日発売「GoodsPress」6月号34-35ページの記事をもとに構成しています

<取材・文/津田昌宏>

【関連記事】

◆ホコリがよく溜まるサーキュレーターが簡単に分解&水洗いできるってうれしい!
◆室温を感知して風量を自動調整するサーキュレーターで冷房効率をアップしよう!
◆上にも横にも斜めにも!ぐりんぐりん動くサーキュレーターで空気を循環!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加