大谷「主力の2人も休み...長い回を」奪三振ショー!8回メジャー自己最多13K無失点で6勝目

大谷「主力の2人も休み...長い回を」奪三振ショー!8回メジャー自己最多13K無失点で6勝目

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/06/24

◇ア・リーグ エンゼルス5―0ロイヤルズ(2022年6月22日 アナハイム)

No image

<エンゼルス・ロイヤルズ>6回1死一塁で併殺打に打ち取り大きく吠える大谷(撮影・篠原岳夫)

大谷翔平ってどんな人?略歴、トリビアも!

エンゼルスの大谷翔平投手(27)は22日(日本時間23日)、本拠地エンゼルスタジアムでのロイヤルズ戦に「2番・投手兼DH」で今季12度目の投打同時出場。8回を投げ自己最多の13三振を奪い無失点で6勝目を挙げた。大谷は自身3連勝、エ軍は5―0で勝利し連敗をストップした。

試合後、大谷は「勝ててほっとしました」と言い、主力の2人(トラウト、ウォルシュ)も休みですし、クローザーのイギー(イグレシアス)も投げないと決まっていたので、なるべく長い回を投げたいなと思っていきました」と振り返った。そして「初回、立ち上がりあまり良くなかったですけど、次の回から切り替えていけたのでよかった。しっかり打者を観察しながら最後の方も変化球系が多かったですけど、真っすぐを投げるところに投げて打ち取れていたのでよかった」と話した。

大谷は立ち上がりの初回、メリーフィールド、ベニンテンディに連打されて無死一、二塁とされたが、ウィットを高めの直球で空振り三振でメジャー通算300奪三振を達成。続くメレンデスを左飛、ドジャーを見逃し三振に仕留めてピンチを切り抜けた。2回は3者連続三振、3回はメリーフィールドから空振り三振を奪うなど3者凡退、4回も3者連続三振。5回も1三振を奪い3者凡退に抑えた。1点の援護をもらった直後の6回は1死から四球を出したがベニンテンディをニゴロ併殺打に打ち取った。7回は2三振を奪い3者凡退、8回も2死から三振を奪いメジャー自己最多の13三振とし、この回で降板した。

打っては、初回1死の第1打席はロ軍の先発左腕リンチと対戦し四球で、3回2死の第2打席で遊撃安打。20日(同21日)のロイヤルズ戦から続く連続試合安打を「3」に伸ばした。5回1死一塁の第3打席は四球、左腕ギャレットと対戦した7回1死一塁の第4打席は見逃し三振、左腕グリフィンと対戦した8回2死二塁の第5打席は空振り三振だった。

前回登板の16日(同17日)のマリナーズ戦では「3番・投手兼DH」で先発。投げては6回3安打無失点で5勝目を挙げ、チームの連敗を3で止めた。打っては4打数2安打だった。

前日21日(同22日)のロイヤルズ戦では「3番・DH」で2本塁打するなど4打数3安打で自己最多の8打点。この日の試合前までの通算成績は、投手は11試合で5勝4敗、防御率3・28、打者は68試合で262打数68安打、打率・260、15本塁打、45打点、7盗塁となっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加