東武鉄道と野村不動産、北千住駅南口改札付近に「エキデスク」設置

東武鉄道と野村不動産、北千住駅南口改札付近に「エキデスク」設置

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/01/15
No image

東武鉄道と野村不動産は、東武スカイツリーライン北千住駅にボックス型サテライトオフィス「EKI DESK(エキデスク) by H1T BOX(エイチワンティーボックス)」を設置したと発表した。働き方の多様化によりテレワークが浸透する中、両社が連携して駅ナカのテレワーク環境を整備しようとする取組みとなる。

東武スカイツリーライン竹ノ塚駅付近の上下緩行線、3/20から高架化

店舗型のサテライトオフィスとして、東武鉄道では2020年6月から「ソライエ プラスワーク」、野村不動産は2019年10月から「エイチワンティー」を展開してきた。今回設置した「エキデスク」は、「ソライエ プラスワーク」「エイチワンティー」いずれかの法人会員が利用可能で、いずれの専用システムからも予約できる。今後、個人会員への利用拡大を検討しているという。

北千住駅南口改札付近に2台設置され、事前予約制で利用時間は7~22時。利用料金は15分250円。調整可能な照度・空調設備、通信環境・リクライニングチェア・モニターを備える。入退室はスマートフォンまたは交通系ICカードなどで行う。東武鉄道は今後も東武沿線の駅ナカを中心に、「エキデスク」の設置を進めるとしている。

佐々木康弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加